【東京近郊】花火大会2019 日程&穴場の観覧スポットまとめ3選


2019.06.25

旅色プラス

夏の楽しみといえば花火大会ですが、混雑しすぎて肝心の花火が楽しめないことも多々あります。そこで、今回は東京近郊の花火大会の日程と一緒に穴場の観覧スポットをまとめてみました。いつもと違ってゆったりと、落ち着いて花火を楽しめます。 「江戸川区花火大会」(東京都・江戸川区)@屋形船 江戸川河川敷から打ち上げる迫力満点の大花火が魅力の「江戸川区花火大会」は、今年は8月3日(土)に開催が決定しました。「江戸川区花火大会」の特徴は、対岸の千葉県市川市の花火大会と同時開催ということで、2つの花火大会が楽しめる大規模なイベントとなっています。
8つのテーマに合わせてBGMとともに打ち上げられ、恒例となっている5秒間で1,000発を打ち上げる大迫力の演出から始まります。音楽と花火の工夫を凝らした演出に注目です。
そんな「江戸川区花火大会」をゆったりと見られる穴場は、屋形船の「勝どき 石川丸」です。展望デッキつきの船から、場所取り要らずで優雅に花火鑑賞ができます。飲み放題付きのお料理コースがつくので、粋な夕涼みが楽しめます。
◆江戸川区花火大会
場所:東京都江戸川区上篠崎1-25 都立篠崎公園先 江戸川河川敷
電話番号:03-5662-0523(江戸川区花火大会実行委員会事務局・江戸川区産業振興課内)
日程:2019年8月3日(土)
時間:19:15~20:30 「幕張ビーチ花火フェスタ2019」(千葉県・幕張市)@ホテルニューオータニ幕張 8月3日(土)、千葉県の幕張海浜公園では、国内最大級の23,000発を打ち上げる「幕張ビーチ花火フェスタ」が開催されます。観覧車の声と音楽に合わせて花火が開くミュージックスターマインに始まり、大切な人へのメッセージに合わせて花火を打ち上げる「LOVEメッセージ花火」、最先端の技術と花火が融合したパノラマミュージックスターマイン、大空中ナイアガラなど10,000発の花火によるグランドフィナーレと、1時間の間に大迫力の多数の花火が打ちあがります。
そんな国内最大級の花火大会をゆったり見たい人におススメなのが、「ホテルニューオータニ幕張」です。「花火観覧席付パーティー・バーベキュープラン」では、花火大会特設会場のスペシャルシートで、バーベキューやパーティーが楽しめます。
◆幕張ビーチ花火フェスタ
場所:幕張海浜公園 (千葉市美浜区美浜1)・幕張海浜公園Gブロック隣地(美浜区豊砂1-6)
電話番号:043-242-0007(公益社団法人千葉市観光協会内)
日程:8月3日(土)
時間:19:30~20:30
「隅田川花火大会 」(東京都・墨田区)@第一ホテル両国 東京の花火大会の代表格といえば、「隅田川花火大会」です。1733年に始まった両国の花火大会の伝統を受け継いでいる花火大会で、花火コンクールを兼ねて約2万発を打ち上げます。
今年の開催は7月27日(土)で、第一会場と第二会場に分かれて花火が打ち上げられます。
そんな「隅田川花火大会」をゆったりと眺めたい人には、「第一ホテル両国」の「花火の日限定宿泊プラン」がおススメです。第一会場、第二会場、そして東京スカイツリーまで眺められる北側の角部屋や、2つの会場を一挙に眺められるスイートルーム、第一会場とスカイツリーが間近に望める客室、和室などがあり、客室で夕食をとりながら花火が眺められるプランもあるので要チェックです。
◆隅田川花火大会
場所:東京都台東区・墨田区 隅田川桜橋下流~言問橋上流(第1会場)、駒形橋下流~厩橋上流(第2会場)
電話番号:03-5246-1111
日程:2019年7月27日(土)
時間:19:00~20:30
東京近郊でおススメの花火大会の日程と、穴場のスポットをご紹介しました。ホテルの客室からや船上から見れば、場所取りもなくゆったりと眺められるので、花火大会の特別な思い出になりそうですね。
 

都立篠崎公園
place
東京都江戸川区上篠崎1丁目
no image
駒形橋
place
東京都墨田区吾妻橋1丁目
no image
県立幕張海浜公園
rating

4.0

132件の口コミ
place
千葉県千葉市美浜区ひび野2-116
phone
0432960126
opening-hour
24時間[見浜園]8:00-17:00(最…
桜橋
place
東京都墨田区向島2

この記事を含むまとめ記事はこちら