どこを切り取ってもインスタ映え! 京都の真っ白なカフェが話題


2019.03.25

旅色プラス

京都の東本願寺近くにある「Walden Woods Kyoto」は、インスタ撮影スポットとして話題を集めているカフェです。撮影スタジオのように全面真っ白に塗られた店内はどこで撮影をしてもおしゃれな写真に仕上がります。2階イートインスペースは、テーブルやイスはなく、腰かける段差があるだけのフリースペースで斬新。京都観光の際、ぜひ休憩に訪れてみてはいかがでしょうか。
文/各務ゆか 店内は撮影スタジオのよう! 「Walden Woods Kyoto」のデザインを手がけたのは、ファッションブランド「n゜44」のアートディレクターである嶋村 正一郎氏。お店のコンセプトは、アメリカの思想家ヘンリー・デイヴィッド・ソロが書いた、『ウォールデン 森の生活』を再現するというところから着想。ソローが自由を求めてウォールデンの森に入って行った時のように、こちらのカフェにきてもそんな自由な空間を楽しんでほしいという思いが再現されています。 「Walden Woods Kyoto」は壁も床も天井も真っ白に統一されており、どこにカメラを向けてもフォトジェニックな絵を収めることができるのも特徴です。一般的なカフェにあるようなテーブルやイスはなく、2階のイートインスペースはキャラリーのよう。そこに人が立ったり、コーヒーが置かれているだけで絵になってしまうから不思議です。 サードウエーブ系のスペシャルティーコーヒーを中心に 店長の梅田さんは東京の有名コーヒー店出身で、おいしいコーヒーにかける意気込みもひとしお。コーヒーはブレンドのほか、丁寧に選んだサードウエーブ系のスペシャルティーコーヒーなどが用意されています。豆そのものの味をこわさないために、店内にはドイツ「PROBAT(プロバット)」社製のビンテージ焙煎機を置き、自家焙煎を行うこだわりです。 こだわりのチャイもおすすめ! コーヒー以外のいちおしメニューはチャイ。スタッフが旅先で出会ったスパイスを使用しているとのことで、一杯ずつ手作り作るこだわりの一杯です。ラテアートがほどこされた一杯なので、ビジュアル的にもおすすめです。 豆の販売もされているので、気に入った豆があればお土産に買っていくことも可能です。オリジナル商品のマグカップやウォーターボトルなども販売されているので、こちらも要チェック!
◆Walden Woods Kyoto (ウォールデン ウッズ キョウト)
住所:京都府京都市下京区栄町508-1
電話:075-344-9009
営業時間:9:00~19:00
休み:不定休
「Walden Woods Kyoto (ウォールデン ウッズ キョウト)」公式ページはこちら  

Walden Woods Kyoto(ウォールデン ウッズ キョウト)
rating

4.5

21件の口コミ
place
京都府京都市下京区栄町508-1
phone
0753449009
opening-hour
9:00-19:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら