特盛でも850円! 『ロメスパ専門店 ボーノボーノ』で安くて旨くてデカい「特盛ナポリタン」を食べてきた


2022.06.30

食楽web

食楽web 東京駅近くにあるロメスパの店が、お値段リーズナブルかつボリュームがある、という話を聞いて今回向かったのは『ロメスパ専門店 ボーノボーノ』。住所は千代田区大手町で、ちょっと行けば皇居。東京のとっても中心地です。 店内に入り、メニューと値段が貼られた紙を見て思わず二度見。ナポリタン(並)600円! ミートソース750円!! 東京駅近くでランチ、と考えたら1000円超えが当たり前の場所。なぜここまで安い? 店に一歩入っただけで、まず良心的すぎる価格設定に驚かされます。 そして、お店の人から「2階席もありますよ~」と言われたのに再度びっくり。どう見ても1階カウンターだけの席だと思ったのに、店舗の横に階段があり、2階にテーブル席が。ということは、店に入る前に満席だ~、って諦めなくても、2階が空いているのかもしれないってことですね。ということで、1階で注文して2階で食べることにします。 ちなみに壁に貼られたメニューには、メニュー名、価格と並び、中の具も書かれています。ナポリタンならベーコン、タマネギ、キノコ、小松菜。ソース焼きスパなら豚肉、タマネギ、キノコ、キャベツなど。「ボーノ」とか「サルソ」など、どんなスパゲティ? と思っても、具でなんとなく想像つくので、初めてきた人にはありがたいかも。東京のど真ん中で手作りロメスパナポリタンが800g超え850円! 良心的価格すぎるその理由は?「ナポリタン」600円+特盛250円。小松菜の緑がいいアクセントになっている 待つこと数分。目の前にやってきたのは、おしゃれなスクエア型のお皿に山盛りになった「ナポリタン」。計測すると、一辺約23cmの皿に高さ約11cm、重さは825g(器の重さを除く)。 825gというと、そこまですごくないかも、と思えるかもしれないですが、液体的要素がほぼないスパゲティだと、実質カレーやラーメンの1kgレベルのボリューム。しかもロメスパ。つまり、一度茹でたものを炒める事により、独特のもっちり感を出したスパゲティ。そんな簡単に完食できないかも。 早速一口食べてみると、やっぱりモッチモチ! そして鉄のフライパンで炒めた香ばしさも感じます。タマネギや小松菜のちょっとだけシャキシャキ感もいい感じです。全体的に尖ってなくてまろやか。優しさを感じる美味しさです。茹でたのち、1日寝かせた麺を注文後に炒める。「このフライパンは、カッパ橋の職人が一個一個手で叩いて作ったフライパンなんです」(オーナー)(食楽web)「うちのスパゲティは化学調味料一切無し、体にいいものだけで作っているのと、隠し味に和風出汁を入れているものもあります。ナポリタンは昔ながらの味わいで店の一番人気ですね」と話すのはオーナーの武藤誠晃さん。 一つ一つ丁寧に作っていて、しかも大手町なのに、なんで1皿600円からとリーズナブルなお値段なのかを聞くと、「うちは元々食材を卸す会社だからです。そしてこの場所はJRが国鉄時代から借りている、元々は倉庫だった場所なんですよ」。 お腹いっぱいになってほしい、大手町にいる人にできるだけ安く提供したいと、社会貢献の一環として2016年12月にオープンしたとのこと。ランチタイムには行列ができることもあるけれど「うちは回転が速いから。ちょっと待ってもらえれば席が空きますよ」。 コロナ前には30人並んだこともあったそう。でもわかる。給料日前とか、ちょっと今月はお金使いすぎちゃったな~って時に、大手町でお腹いっぱい食べたい、となったらここ一択になる気がします。チョコチョコっとした量のおしゃれランチセット1500円とか当たり前の場所で並600円、特盛850円は魅力的すぎる!高さは約11cm。パスタは茹で前で2.2mmのもの。これがホントもっちもちでハマる美味しさ しかも、チェーン店でよくありがちな、チンしてソースかけて終了~、ではなく、注文が入ってからフライパンで炒めて作る、化学調味料なしの出来立てスパゲティ。大手町界隈で働くまだ高級取りじゃない若い会社員さんとか、学生アルバイトの人とかにとっては、600円でスパゲティかカレーかチキンライス、3択から選べるのは貴重です。 他のメニューはどんなスパゲティなのかを聞くと、「ミートソース」は少し甘めの関西風、「あんかけ焼きスパ」は皿うどん風、「旨辛焼き担々麺」はしっかり辛く、中国の人が好んで注文するメニュー、「たらこ」は築地や豊洲などから仕入れた、本物のタラコから作っているそうで「安いけれどこだわりがあるんですよ」とオーナー。「チキンライス」は卵をプラスして「オムライス」にすることも可能だそうです。ケチャップソースとスパゲティが程よいバランスで、食べ続けてもくどさを感じない。「基本的にうちの料理はホッとする、どこか懐かしい味なんですよ」(オーナー) そして、なぜ大盛りだけではなく特盛があるのか聞いたところ、やはりお客様からのリクエスト。「みなさん働き盛りでお腹いっぱい食べたいでしょ。だから大盛りの上の特盛ができたんですよ」。 卓上には粉チーズやタバスコなどが置いてありますが「うちは特盛でも味で勝負しているので、何かを足さなくても美味しいですよ。そのためのコールスローサラダですから」とニッコリ。 添えられているコールスローサラダはおかわり+100円。最初から2つ頼む人やこれを目的に食べにくる人も結構いるそうです。もちもちとシャキシャキ、確かに相性がいい!「これからもお客様が喜ぶものを作りたいと思っています。店オリジナル、ソース焼きスパもおすすめですよ」(店長の村瀬敬明さん) 2階のテーブル席は、電車の高架下感を感じられる場所となっています。今頭の上を走っているの、京浜東北線? 山手線? 東京~神田間なら中央線も可能性あり? 新幹線ではなさそう~、と、鉄オタの中の“音鉄”の方には是非一度来て、ライブ感を楽しんでいただきたい。電車を見ながらスパゲティを食べられるお店はいくつもあるだろうけれど、電車を感じながらスパゲティを食べられるお店は、そんなにない? 気がします。 儲けようではなく、大手町で働く人たちにお腹いっぱいになってほしい、身体にいいものを食べてほしい、という気持ちで提供している『ロメスパ専門店 ボーノボーノ』のスパゲティ。次回は、テレビなどでも何度も紹介されている「ソース焼きスパ」にするか、「ナポリタン」と人気を二分する「ジャポネスタ」にするか。次回は並盛りで2種類もあり? 近いうちにまた寄りたいと思います!(取材・文◎いしざわりかこ)●SHOP INFO店名:ロメスパ専門店 ボーノボーノ住:東京都千代田区大手町2-5-16TEL:03-3271-6951営:11:00~16:00、17:00~20:30(L.O.20:00)休:土日祝 

read-more
ロメスパ専門店ボーノボーノ
place
東京都千代田区大手町2-5-16
phone
0332716951
opening-hour
月-金 11:00-20:30(L.O.20:00)
すべて表示arrow
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら