ローストビーフてんこ盛り! 大阪の名物うどん店『マルヨシ製麺所』の「肉釜玉うどん」を最高に美味しく食べる方法とは?


2022.06.10

食楽web

食楽web SNS映え料理として人気を集め、すっかり定番化したイメージのある「ローストビーフ丼」。その変化球である“ローストビーフうどん”が大阪にあるのをご存知でしょうか? まるで花が咲いたように盛りつけられた器は、やっぱりSNS映えもバッチリ。 ありそうでなかったローストビーフとうどんの組み合わせ、とっても気になりますよね。 今回紹介するお店は『マルヨシ製麺所』。阪急宝塚線と大阪モノレールがクロスする蛍池(ほたるがいけ)駅にあります。きつねうどんなどのシンプルなうどんもありますが、名物は何といってもローストビーフうどんである「肉釜玉うどん」です。 注文後しばらくすると、料理の前に何やら紙を手渡されました。見ると、「肉釜玉うどん」の食べ方が書いてあります。 それによれば、最初に写真を撮るべし。そしてまず、うどんを1本とローストビーフを1枚、それぞれ単体で味わうべし、とのこと。品質、盛りつけ共にかなりの自信があるようです。まるで大輪の花のよう! 「肉釜玉うどん」の美味しい食べ方とは?「肉釜玉うどん」1380円 食べ方の紙を読んでいると、うどんが到着しました。それでは食べ方に従って、写真を撮影しましょう。たしかにこのビジュアルは写真を撮らないと損。ローストビーフとうどんの組み合わせというだけでも珍しいのに、この花の咲いたような見た目はインパクト大です。 まずは何も付けずに、うどんを1本。麺はガッツリとコシがあるタイプではなく、温かいこともあって、コシがありつつもフワッとした優しい食感です。丼の中央には卵が乗っていますが、デフォルトの状態でも麺に卵が絡んでいます。 次にローストビーフを1枚。こちらはかなり薄切りの赤身肉で、雑味がなく、旨みがグッと引き立つタイプ。 いよいよ、ぶっかけだしを掛けてうどんを食べてみましょう。ぶっかけだしは温かく、味付けも出汁もかなり濃いめの力強い味わい。うどんはそのままでも確かに美味しいですが、ぶっかけだしと食べると美味しさがグッとアップします。 さらにここからが『マルヨシ製麺所』の「肉釜玉うどん」の真骨頂。 ローストビーフをうどんに巻いて食べてみます。ツルッとしたうどんに、肉の旨みと食感がプラスされます。 一口食べてみると、ローストビーフの薄切りカットの理由に納得。もう少し厚くすると、お肉がモゴモゴしそうですが、この薄さによってうどんと肉がベストのタイミングで喉を通過。お肉の存在感と、のど越しの良さの両方が見事に実現されています。ここまでベストなバランスでの組み合わせは、スゴい!「肉釜玉うどん」の最後は、卵かけご飯で締めよう[食楽web]「肉釜玉うどん」を食べ終わると、丼に卵液が残っていると思います。もったいないと思う人もいるかも知れませんが、心配は無用。追加用のごはんが無料でもらえるので、丼にご飯を投入して混ぜ混ぜ。 鍋の締めの雑炊感覚で、うどん後の卵かけごはんが完成します。ご飯は少なめなので2~3口くらいで食べ終わりますが、ご飯には出汁粉がかかっているので、ガツンと出汁の旨みがやって来ます。 進化したうどんを味わい尽くせる『マルヨシ製麺所』。お店のある蛍池は阪急を使えば大阪駅から1本、大阪モノレールなら伊丹空港の一つ隣の駅なのでアクセスも良好です。大阪旅行の際のうどんランチにもピッタリですよ。(撮影・文◎けいたろう)●SHOP DATAマルヨシ製麺所住:大阪府豊中市蛍池東町1-5-12TEL:050-5597-5494営:11:00~16:00(L.O.15:30)、17:00~22:00(L.O.21:30)休:第2火曜●著者プロフィールけいたろう旅するグルメライター。大阪と京都をむすぶ京阪電車の沿線在住で、複数の旅行情報サイトにて旅とグルメのガイド記事を執筆。気になるグルメ情報があるとB級グルメも高級店も穴場のお店も有名行列店でも、とにかく幅広く取材!食楽webでは関西グルメ情報を中心に紹介しています。 

read-more
マルヨシ製麺所
rating

3.5

12件の口コミ
place
大阪府豊中市蛍池東町1-5-12
phone
0675096819
すべて表示arrow
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら