新潟5大ラーメンの一つ「三条カレーラーメン」を現地で食べてきた!


2021.12.03

食楽web

食楽web 海の幸、山の幸、お米、麺、お菓子など「うまいものしかない」と言っても過言ではない食材の宝庫・新潟。特にラーメンにフォーカスすると、「新潟あっさり醤油」、「新潟濃厚みそ」、「長岡しょうが醤油」、「燕背脂ラーメン」など様々な名物ラーメンが存在しますが、三条市には「カレーラーメン」なるものがあり、2010年の調べでは、市内の80店舗の食堂やラーメン店で、このメニューが存在したとのこと。「三条カレーラーメン部会」の会長を務める阿部圭作さんが経営する名店『大衆食堂・正弘』 また、三条市には「三条カレーラーメン部会」というものもあり、この会長を務めるのが『大衆食堂 正弘』の社長の阿部圭作さん。今回は、『大衆食堂 正弘』でカレーラーメンをいただきながら、「三条カレーラーメン」の秘密についても聞きました。まるでファミレスのようなモダンな店内の『大衆食堂 正広』『大衆食堂 正広』は、その名前からさぞや渋い佇まいのお店なのではないかと想像していた筆者ですが、行ってびっくり。まるでファミレスかカフェかのようなモダンな内観です。見た目以上にアッサリしていて上品な、奥ゆかしい味!意外とアッサリしているものの食べ応え十分の『大衆食堂 正広』の「カレーラーメン」 ここで「三条カレーラーメン」なる、地元に根付いたメニューがいただけるわけですが、筆者は「カレーラーメンとミニタレかつ丼セット」(1280円)をオーダー。ちなみに「タレかつ丼」とは新潟市の名物グルメで、新潟のB級グルメのコラボメニューなのだそうです。 わずか数分で届いたカレーラーメンは、スープにほど良い粘度のある一方、いわゆる和風カレーのようにドロドロした感じではありません。このため、麺にからみやすく、しっかりとカレー感を楽しむことができるのですが、肝心の味は見た目よりもアッサリ。甘さが際立つカレー味でありながらもちゃんとしたコクもあり、特に寒い時期には無性に食べたくなる味だと思います。『大衆食堂 正広』のミニタレかつ丼 また、ミニタレかつ丼のほうは、カリッと揚げられた豚ヒレ肉と、軽くくぐらせたと思われるタレの風味が絶妙で、こちらも見た目よりもアッサリといただけました。カレーラーメンとミニタレかつ丼の「合体」もうまいが……ミニタレかつ丼にカレーラーメンのスープを乗せた図 ここで筆者は、ミニタレかつ丼の上に、カレーラーメンのスープを乗せて「カツカレー風」にしたり、逆にカレーラーメンのほうに、ミニタレかつを乗せて「排骨麺風」にしたりしていただきましたが、これもまた楽しい味変!カレーラーメンに、タレかつを乗せた図 ただし、やはりどちらもしっかりと完成された味であり、セットとはいえ混ぜることなく個々にいただくのが一番うまい食べ方だとも思いました。古い店では80年前から出しているメニューだった!『大衆食堂 正広』では、乾麺タイプのお土産カレーラーメンも販売されていました!『大衆食堂 正広』のカレーラーメンは、単に「カレーとラーメン、混ぜちゃいました」といったメニューではなく、実に確立された味で奥ゆかしい繊細さも感じるものでした。さすが食の宝庫・新潟のソウルフードなだけはあると思います。ただし、『大衆食堂 正広』社長で、「三条カレーラーメン部会」会長の阿部圭作さんによれば、その種類は様々だと言います。「『三条カレーラーメン』と言っても、種類は大きく分けて2種類あります。しょうゆラーメンにカレールーをかけた『かけタイプ』。そして、スープ全体がカレースープになっている『スープタイプ』。『大衆食堂 正広』はスープタイプですが、さらに各店ごと個性を出しているのが『三条カレーラーメン』の特徴です」(阿部さん) しかし、どうしてこの地・新潟県三条市でカレーラーメンが広まったのでしょうか?「かつて、新潟には『4大ラーメン』として『新潟あっさりしょうゆ』『新潟濃厚みそ』『長岡しょうが醤油』『燕背脂ラーメン』がありましたが、2009年の新潟国体の際、NHK大河ドラマの『天地人』が放映され、全国から新潟が注目されました。これに合わせて、三条の自治体が地域に根付いていた『三条カレーラーメン』をPRし、地元メデイアなどでも『三条カレーラーメン』を加えて『新潟5大ラーメン』として全国に広めることができ今日のような支持を受けるようになりました」(阿部さん) ちなみに『大衆食堂・正広』は1966年に阿部さんの父・正広さんが開業し、2000年より阿部さんがその跡を継ぎ、様々なラーメンメニューと合わせて、地元ならではのカレーラーメンも提供し続けているのだそうです。「余談ですが、三条市内の食堂やラーメン店の多くは、店主同士が仲が良く、繋がりが深いのも特徴です。こういったことも『三条カレーラーメン』が地元に根付いた理由の一つだとも思います。古い店では、80年前からカレーラーメンを出しているお店もあります。ぜひ多くのお店で、各店それぞれに異なるカレーラーメンを味わっていただきたいですね」(阿部さん) 三条市内の食堂やラーメン店を全て食べ比べるとなると、なかなか大変ではありますが、ぜひ三条市内の名店でカレーラーメンを食べてみてはいかがでしょうか。見た目以上のうまさを楽しめるはずですよ!(撮影・文◎松田義人)●SHOP INFO店名:大衆食堂 正弘住:新潟県三条市石上2-13-38TEL:0256-31-4103営:火曜11:00~14:30、水~土曜11:00~14:30、17:00~21:00(L.O.)、日・祝11:00~15:00、17:00~21:00(L.O.)休:月曜 

read-more
大衆食堂 正広
place
新潟県三条市石上2丁目13-38
phone
0256314103
すべて表示arrow
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら