埼玉の「玉川温泉」で人気の“大人のお子様ランチ”「レトロプレート」を食べてきた


2021.03.24

食楽web

名物「レトロプレート」 | 食楽web 東京からちょっと足を伸ばして楽しめる、日帰り温泉。サクッと立ち寄れる温泉に、美味しいグルメがあったら最高ですよね。昭和の懐かしい雰囲気を堪能しながら、ノスタルジックな料理が楽しめる。そんな『昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉(以下、玉川温泉)』が埼玉県にあると聞き、行ってきました。オート三輪ミゼットがお出迎え『玉川温泉』は元々、保養所でしたが、2011年から株式会社温泉道場が指揮をとり、昭和30年代をテーマにリニューアルを重ねた施設。足を踏み入れると、昭和アイテムがズラリと並んだ、どこか懐かしい温泉です。入り口にあるミゼットの、色褪せたグリーンがいい味わいを出しています。 受付を済ませて奥に進むと、懐かしの看板が並ぶ売店がお目見え。まるでタイムスリップしたみたいな空間には、70種類もあるサイダーや昭和のおもちゃが勢揃い。駄菓子やケロリンシリーズ、めんこや、ベーゴマなど、思わず見入ってしまうものばかりです。 こちらのレストランで味わえるのは、幼い頃の休日、家族で訪れるデパートで見つけた洋食プレートや、揚げパンが主役の学校給食。思わず「懐かしい!」と叫んでしまいそうな、魅惑のメニューをご紹介しましょう。思わず童心にかえる、大人のお子様ランチ「レトロプレート」とは?「レトロプレート」1380円(税込) お子様ランチの王道を全部食べたい! そんな欲張りを叶えてくれる夢の一皿がこちら。ナポリタンとエビフライ、クリームコロッケ、ポテトサラダなどがひとつになった「レトロプレート」です。優しい味わいのコーンポタージュもついた、大人のためのお子様ランチといった感じでしょうか。 早速、お目当てのナポリタンをいただきます。麺をくるくるっと絡めとり、フォークで持ち上げるとずっしりとした重量感。シャキシャキ食感のピーマンとケチャップの甘さが最高! とろっとした半熟卵と混ぜれば、食べ応え抜群です。家で再現できそうでできない、ドハマりする味わいです。 プルンと弾力のあるエビフライと一緒に添えられているのは、クリームコロッケ。とろっとしたホワイトソースが、口の中でなめらかに溶けていき、その美味しさにノックアウトされてしまいました。給食の定番「揚げパン」も登場!「給食おやつ」500円(税込) 温泉に入ったあと、小腹が空いたらぜひ食べて欲しいのが「給食おやつ」。5月末まで、いちごフェアを開催中なので、揚げパンと砂糖かけいちご、牛乳がセットになった期間限定版をいただきました。ふわふわのパンに、たっぷりの砂糖。これがたまらない。口の周りに粉砂糖をいっぱい付けながら、むしゃむしゃと食べ進めてしまいます。 このいちごスプーン、いつしか見かけなくなってしまいましたがとっても懐かしい! まずはいちごの食感が残る程度に潰して、牛乳をかけていただきます。砂糖の甘さといちごの酸味が程よくマッチして、ホッとする美味しさ。 さらにいちごの果肉を潰して、たっぷりの牛乳をプラスすれば、まろやかな味わいが口いっぱいに広がります。今の時期、『玉川温泉』に来たら「いちごミルク」は必食! 揚げパンと素朴なデザートを食べれば、きっと昭和の良き思い出が蘇りますよ。いざ! 強アルカリ性の、美肌の湯へ『玉川温泉』は、地下1700mから湧き出す天然温泉。「昭の湯(あきらのゆ)」と「和の湯(なごみのゆ)」の2種類があり、週ごとに男女入れ替え制となっています。 湯温が40度前後なので、うたた寝してしまいそうな心地よさ。また、どちらも強アルカリ性のため、少しぬるっとした感覚が残るんです。これこそが「美肌の湯」と呼ばれている由縁。新鮮なお湯を保つために15分に一度、生源泉を投入するので、その度にふわりと硫黄が香るのも乙です。昭の湯 こちらは趣のある岩風呂が印象的な「昭の湯」。広々としているので、露天風呂はこちらの方が人気なのだとか。屋根もついているので、雨の日でもゆっくりお湯に浸かれます。内湯も開放感のある窓があり、たっぷり森林浴が楽しめるので、ついつい長湯をしてしまいます。和の湯 こちらは細長い石造りの露天風呂を構える「和の湯」。明るい日差しがサンサンと降り注ぎます。浴槽には少し傾斜がついているので、寝湯のようにもたれ掛かりながらじっくり温泉を楽しめますよ。 食堂と温泉を行ったり来たりしながら、たっぷり1日楽しめる『玉川温泉』。休日はもちろん、お仕事帰りに都内からちょっと足を伸ばして、ノスタルジックな空間へタイムスリップしてみてはいかがでしょうか。(撮影・文◎加藤朋子)●DATA玉川温泉住:埼玉県比企郡 ときがわ町大字玉川3700TEL:0493-65-4977営:平日10:00~22:00(最終入館21:30)、休日5:00~22:00(最終入館21:30)入館料:平日/大人830円(小学生400円)、22:00からは450円(200円)、土日祝/大人880円(400円)、22:00からは450円(200円)休:不定休https://tamagawa-onsen.com/ 

read-more
昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉
rating

3.5

6件の口コミ
place
埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川3700
phone
0493654977
opening-hour
[平日]10:00-22:00(最終入館21…
すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら