秋だ!ビールだ!ラム肉だ! COEDOビールも楽しめる『東京ビアホール&ビアテラス14』秋のラムチョップ祭りとは?


2020.10.01

食楽web

食楽web 東京駅・丸の内で営業中の人気店『東京ビアホール&ビアテラス14』では、秋季限定ベント「秋のラムチョップ祭り」を9月14日より開催中です。 ラムチョップを豪快に手づかみで食べながら川越発のクラフトビール「COEDOビール」を楽しめるという肉好き&ビール好きの“理想郷”に、連日多くのお客さんが集まっています。2本盛り1600円、4本盛り3200円、6本盛り4800円 ラムチョップ(骨付きラムロース肉)は、計6種類のテイストで提供。地中海産クリスタルブラックソルトがラム本来の味を引き出す「Standard」、自家製パクチーソースと刻みパクチーの風味が堪らない「Asia」、大根おろしと茎わさびの和風テイストが絶妙な美味しさを醸し出す「Japan」、トマトときゅうりのピリ辛ソースが好相性の「Mexican」、タスマニアンマスタードとフランス産スパイスの風味とプチプチの食感が楽しめる「Australia」、“COEDOビール漆黒”を使った自家製ソースにサワークリームを添えた『ビアテラス14』オリジナルのテイスト「14 Special」と、ラムチョップを多彩なテイストでいただくことができます。 オーダーは2本盛りからとなりますが、全ての美味しさを味わえる“6本盛り”がオススメ! お腹をペコペコにした万全の状態(笑)でお店へ向かいましょう。各760円~ そして、ラムチョップとビールの最高のペアリングを実現したのが、埼玉県川越市の『コエドブルワリー』で造られているお店自慢のプレミアム・クラフトビール「COEDOビール」です。 世界各国のアワードを多数受賞するなど、その評判は日本国内を超えたワールドクラス。お店では全6種類(伽羅/瑠璃/漆黒/白/赤/鞠花)の味を樽生にて提供しています。他ではなかなか味わえない“希少な一杯”を最高の状態で堪能できます。「COEDOビール」はビールサーバーから注がれた最高の状態で提供! ビル街の中にありながら、落ち着いた雰囲気の店内、そして秋風が心地よいテラス席ともに涼やかな緑に囲まれた最上級のスペースを提供。また、ラムチョップとCOEDOビール以外にも美味しい料理とドリンクが豊富に用意されています。 仕事帰りはもちろんのこと休日の日中でも来店OK。『東京ビアホール&ビアテラス14』で、珠玉の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。●SHOP INFO店名:東京ビアホール&ビアテラス14住:東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディング2F営:11:00~22:00(L.O. 21:00) ※営業時間はインスタグラムで随時告知休:不定休(施設に準じる)https://www.potomak.co.jp/shop/1010/※価格は全て税別 

東京ビアホール+ビアテラス14
rating

3.5

24件の口コミ
place
東京都千代田区丸の内1-4-1 iiyo!!2F
phone
0362699585
opening-hour
11:00-22:00(L.O.21:00)(8/3-…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら