“焼き小籠包専門店”が東京・新橋に登場! 『焼き小籠包マニア』の魅力とは?


2020.08.20

食楽web

食楽web 中華点心をメインメニューに据えて大きな注目を集めている人気店『餃子マニア』(東京・品川区)や『小籠包マニア』(東京・千代田区)、『むさこのギョウザマニア』(神奈川県川崎市)を運営するマニアプロデュース社より、また新たな料理店が誕生しました。 東京・港区新橋にあるそのお店の名は『焼き小籠包マニア』。8月3日にオープンしたばかりですが、周辺で働くサラリーマンやOLさんたちを中心に早くも大人気を博しています。「焼き小籠包」5個入り480円 看板メニューはもちろん、お店の名にもある「焼き小籠包」。蒸して仕上げる小籠包よりも少し厚めの生地で豚肉の餡を包み、鉄板で香ばしく焼き上げています。既に日本でもお馴染みとなった上海発祥の点心メニューですが、『焼き小籠包マニア』の焼き小籠包はそんじょそこらの焼き小籠包とは一味も二味も違う絶品メニュー。中の餡だけでなく、皮にもこだわりが詰まった本格的な仕様なんです。オーダーを受けてから皮作りを始めるという、こだわりの焼き小籠包を提供 中国の名だたる点心師に教えを乞い、試行錯誤の末に完成に至ったお店の焼き小籠包は、オーダーを受けてから皮となる生地を伸ばして作るというこだわりの製法を採用。常に作りたて&焼きたてで提供されます。 中の豚肉餡は美味しい肉汁がじゅじゅーと溢れ出し、油断してパクついてしまうと火傷すること必至! 焦る気持ちをグッと抑えつつ、冷めないうちにいただいてください!左上から時計回りに「マニアの焼売」480円、「杏露酒(シンルチュウ)トマト」 420円、「中国屋台の焼き冷麺」520円、「よだれ鶏」780円 お店では他にも「マニアの焼売」や「よだれ鶏」を始め、「北京のスペアリブ」「汁なし担々麺」、「春巻き」、「季節の野菜炒め」、「半熟ピータン」など、サイドメニューが超充実。焼き小籠包と同様に、本場中国の味を存分に楽しむことができますよ!「青島ビール」580円~ 美味しい料理を注文したら、美味しいドリンクも忘れずにオーダーを。焼き小籠包と相性抜群の「青島ビール」は全5種類と豊富にあり、各種サワーや紹興酒、杏露酒などのアルコール類、ウーロン茶やプーアル茶などのノンアルドリンクも用意されています。 中国の骨董品を飾った店内は、まるで中国のお店にいるかのような活気溢れる明るい雰囲気。夏の暑さと仕事上がりで疲れた身体を、お店の絶品メニューで存分に癒しちゃってくださいね!●SHOP INFO店名:焼き小籠包マニア住:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル地下1F営:17:00~23:00、土曜16:00~22:00休:日曜、祝日https://maniaproduce.com/※営業時間は変更になる場合があります※価格は全て税別 

焼き小籠包マニア
place
東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル地下1階
phone
0362061381
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら