屋外テラスでクラフトビールと餃子が楽しめる「サナギでCOEDO。」が新宿で開催中


2020.08.16

食楽web

食楽web 夏はやっぱりビールが恋しいですよね。埼玉県川越市にある醸造所『コエドブルワリー』には、ドイツの醸造技術を取り入れ、日本オリジナルのプレミアム・クラフトビール「COEDO」があります。その美味しさと洗練されたデザインはビール愛好家の間でも話題! その「COEDO」のドラフト&ビアカクテルが飲めるイベント「サナギでCOEDO。」が、高架下のカフェ&フードホール『サナギ 新宿』で9月中旬まで開催中。ぜひこの機会に、味わってもらいたい日本生まれのビールです。 東京でも取扱店が少ない「伽羅-kyara」や「毬花-Marihana」(いずれもS 650円・M 850円)の樽生に加え、「瑠璃-Ruri」(850円)、「紅赤-Beniaka」(900円)、「漆黒-Shikkoku」(850円)、「白-Shiro」(900円)をボトルで販売しています。COEDOシャンディガフ/ベリー・ベリー・ベリー/マンゴーミントビア/グァバビア 各750円 さらに、COEDOビール「毬花-Marihana-」をベースにしたビアカクテルも登場。会場でしか味わいない贅沢な一杯が楽しめます。餃子は江戸甘味噌や柚子ねぎ塩、パクチー&ライム、花椒香る麻辣よだれ餃子など全10種類のフレーバーが楽しめます。各500円 肝心のおつまみは、「サナギ流 個性派餃子」で決まりです。定番の江戸甘味噌餃子から、柿の種や納豆を使った変わり種餃子まで10種類の餃子が登場。ビールとの相性を考え尽くしたオリジナリティあふれる餃子は、各ビールとのペアリングも提案していますので、ビール初心者でも気軽に楽しめます。 新宿の高架下スペースを利用した店内は、アジアンテイストな雰囲気が魅力。以前よりも座席間隔をあけて利用できますので、ゆったりとした時間を過ごせそうです。●DATAサナギ 新宿住:東京都新宿区新宿3-35-6 国道20号線高架下営:11:00~23:00 [ FOOD L.O.22:00 / DRINK L.O.22:30 ]  ※新型コロナウイルス感染防止につき営業時間に変更があります。TEL:03-5357-7074http://sanagi.tokyo/ 

サナギ 新宿(SANAGI SHINJUKU)
place
東京都新宿区新宿3-35-6 甲州街道 高架下
phone
0353577074
opening-hour
[月-日・祝・祝前日]11:00-23:…

この記事を含むまとめ記事はこちら