世界に誇る鎌倉発のアロマ生チョコブランド『メゾンカカオ』がニュウマン横浜に新店


2020.07.21

食楽web

食楽web 鎌倉・小町通りに本店を構え、究極の口溶けのアロマ生チョコレートが話題を集める『メゾンカカオ』が、横浜駅西口の新商業施設「ニュウマン横浜」に待望の姉妹店をオープンしました。『メゾンカカオ』は、「G20大阪サミット2019」や「即位の礼」の際、世界各国の元首に贈られる手土産にも選ばれた、日本が世界に誇るチョコレートブランド。どんなラインナップがあるのか、早速ご紹介します。新作「アロマ生キャラメル」を先行販売2200~2400円(12個入、税別) ※フレーバーにより価格が異なる「アロマ生チョコレート」と並ぶ看板メニューとして注目されているのが、口どけなめらかな新作「アロマ生キャラメル(12個入り)」です。 フレーバーはチョコ、マンゴー、フランボワーズ、TEA、シーソルト、コーヒーの6種類。味の決め手となるオリジナルの発酵カカオバターは、コロンビアの自社農園で栽培し、発酵させたカカオ豆を使用しており、カカオ本来の香りと風味が凝縮しています。シンプルなお菓子だからこそ、原材料の質の高さを体感できる一品に仕上がっています。シャンパンとチョコが出合った「限定フレーバー」も2400円(税別)『ニュウマン』横浜店限定として販売されているのは、甘みと酸味のバランスが絶妙なシャンパンを、華やかな香りのビターチョコレートと合わせた「アロマ生チョコレート シャンパン」。口に含むと、チョコレートがとろけるにつれてシャンパンの柑橘系の香りと風味が広がる、大人のためのリッチな逸品です。「即位の礼」の手土産がベースの「生チョコムース」も!2500円(税別) もう一つぜひ味わっていただきたいのがこちら。見るからに滑らかそうな口溶けの「生チョコムース」です。ベースは、昨年秋に行われた「即位の礼」に列席した各国首脳への機内手土産に贈られた「生ガトーショコラ」。水分量をあげて滑らかな口溶けに仕上げてあり、暑い日でもすっきり美味しく味わえます。 斬新なデザインのパッケージは、大河ドラマ「麒麟がくる」の題字を手がけた書家、中塚翠涛氏によるものです。 気になるスイーツが目白押しの『メゾンカカオ』。世界のハイブランドが集結するグランドフロアに、日本ブランドとして唯一出店というのも誇らしいですね。世界をうならせる日本ブランドの奥深い世界、ぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。●SHOP INFOメゾンカカオ ニュウマン横浜店住:横浜市西区南幸1-1-1 ニュウマン横浜1階TEL:045-548-6212営:11:00~20:00(平日)、11:00~19:00(土日祝)※最新の営業時間はHPを確認。https://www.newoman.jp/yokohama/ 

read-more
MAISON CACAO(メゾン カカオ) NEWoMan YOKOHAMA店
place
神奈川県横浜市西区南幸1-1-1 NEWoMan YOKOHAMA 1F
phone
0455486212
opening-hour
NEWoMan YOKOHAMAに準じる
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら