野毛の老舗立ち飲み屋『石松』の「マグロブツ(400円)」が旨い理由


2020.07.19

食楽web

食楽web 多くの居酒屋がひしめき合う横浜・野毛エリア。JR桜木町駅と京浜急行日ノ出町駅の間になるこの地は、ちょい飲みの聖地といわれています。その野毛エリアの玄関飲み口とも言える複合施設ぴおシティに、呑兵衛には欠かせない老舗立ち飲み居酒屋『石松』があるのをご存知でしょうか?立ち寄りやすいカウンターと店内席もあり。全て立ち飲み「ぴおシティ」がまだ、「桜木町ゴールデンセンター」と呼ばれていた頃に開業したこのお店。今でこそ人気の立ち飲み屋として知られていますが、もともとはフルーツ屋だったというので驚きです。早い時間から開いているので、平日のお昼過ぎでもカウンターは常連客などでぎっしり。新鮮な海鮮、煮込みなど、魅力的なメニューが並びます。 桜木町駅から直結の「野毛ちかみち」を通れば、雨に濡れずにふらりと立ち寄れる『石松』の魅力とは? 多彩なメニューからその一部をご紹介しましょう。ここに来たら注文したい!絶品「マグロのぶつ」『石松』に一歩足を踏み入れると、横浜の歴史と時代を感じます。メニュー表を見ると、多彩な料理がずらり! 昔からあまり変わっていないという良心的な価格で思わず色々と頼みたくなります。お会計はキャッシュオンの明朗会系なのもいいですね。 ここの名物はなんといっても「マグロぶつ」。ひとつひとつが分厚く、食べ応え抜群!身がプリッと引き締まっていて、旨味が凝縮しています。「上まぐろブツ」400円 魚好きの常連さんも多く、新鮮なマグロは、横浜の市場から仕入れているそう。この厚さで400円というから驚きです。 まぐろのブツは筋っぽさはなく、ブリッとした食感とコク、ほんのり甘みを感じる味わいのバランスが絶妙!色艶があり、さりげなくお酒を引き立てる色気のある一品です。「まぐろブツ」があんまり美味しかったので、他にもイチオシのメニューを注文しました。何を食べても絶品の『石松』の小皿たちにやられっぱなしです。脂が乗った、ボリューム満点の「イワシのお刺身」「いわし刺」400円 次に注文したのは、「イワシのお刺身」。マグロに負けない厚みでボリューム満点。脂の乗ったイワシは濃厚でありながらしつこさはなく、お酒に合わせると後味がスッと引いていきます。こちらもお値段は400円。リピーターに愛されるのも納得です。一度食べたら忘れられない、愛され「もつ煮込み」「特製! もつ煮こみ」450円 もつ煮込みは季節を問わずに、注文の入る人気メニュー。臭みがなく、柔らかなモツは、ついつい箸が進みます。一度食べたらクセになる「もつ煮こみ」は、白モツを中心に、3種のモツをじっくりコトコト煮込んだもの。こんなに大きくて贅沢な味わい! 煮込みに入っている、正方形にカットされたこんにゃくも、食べ応え抜群です。優しい味わいが、カラダ中に染み渡る一品です。店主の早乙女節夫さん 多彩なメニューを切り盛りするのは、名物オーナー早乙女節夫さん。バラエティに富む肴の話を交え、野毛の歴史を嬉しそうに話しながら、屈託のない笑顔で迎えてくれます。『石松』は、桜木町駅からも日ノ出町駅からもアクセス抜群。ふらりと一杯飲みながら、美味しい海鮮をつまみに、昭和レトロなひとときを楽しんでみてはいかがでしょうか。(取材・文◎加藤朋子)●SHOP INFO石松住:神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1TEL:045-201-1320営:火~金曜 12:00~21:30 土曜 10:00~21:00 日曜 10:00~20:00休:月曜(祝日の場合は翌日) 

read-more
酒蔵 石松
place
神奈川県横浜市中区桜木町1-1 営地下鉄桜木町ぴおシティビルB2F
phone
0452011320
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら