カラアゲニストが太鼓判! 毎日手仕込みで揚げる『とりサブロー』の絶品からあげが旨い理由


2020.06.11

食楽web

食楽web 東武伊勢崎線・竹の塚駅東口から徒歩7~8分にある『とりサブロー 竹の塚店』。「から揚げ・から弁 揚げたて専門店」というキャッチフレーズ通り、お店で毎日手仕込みでからあげが自慢のお店。丁寧で手間ひまを惜しまない揚げたてのからあげを提供している専門店です。東武伊勢崎線・竹の塚駅東口から徒歩7~8分の場所にあります からあげは1個(120円・以下すべて税別)から購入でき、お弁当やサイドメニューも充実していることから、近隣の人たちや若い学生などに大人気。今回は、この『とりサブロー 竹の塚店』に取材に行ってきました。丁寧に二度揚げされた絶品からあげは肉汁たっぷり!にんにく醤油から揚げと甘ダレから揚げ(各5個600円)。にんにく醤油から揚げは紙袋での提供です 今回、こちらでいただいたのは「にんにく醤油から揚げ」と「甘ダレから揚げ」。オーダーすると番号札を渡され、数分待つことになりますが、揚げている様子を目の前で見ることができます。しかも漂ってくる美味しそうな香り、そして揚げる音……。からあげ好きな人なら、待ち時間も気にならないほどに楽しめそうです。1度目の揚げのあとは余熱で火を通し、2度揚げしてカラッとした食感に まずはにんにく醤油から揚げを。1個がとにかく大きく、5個も食べるとお腹いっぱいになりそう。ガリザク系衣は片栗粉のみを使用しています。しっかりと味がついていて、ごはんにも合いそうです。味付けに使うニンニクやショウガはいずれも生で、毎日お店ですりおろしているそうです。肉汁がじんわり出てきます 肉は特製の漬けダレに最低2時間は漬け込み、さらにそこから醤油ダレにも漬け込むという手のかけようです。揚げる直前に衣を付け、ていねいに2度揚げしています。 そして今回、からあげとは別に注文したのが「チキン南蛮弁当」(580円)と「ビックチキンカツ」(380円)。 チキン南蛮弁当は肉の大きさを1.5倍(780円)または2倍(880円)にすることもでき、お弁当の中では一番人気とのこと。筆者も楽しみにしていた一品です。チキン南蛮弁当。筆者は肉1.5倍をオーダーしました。お弁当の容器からはみ出さんばかりの大きな肉に圧倒されます。チキン南蛮弁当(肉1.5倍)とビックチキンカツ。タルタルソースは別容器での提供 タルタルソースが味のポイントで、これが実に美味しい。卵をたっぷり使用しており、濃厚でクリーミーな味わいです。白身部分がたくさん入っているので、プニュ! ツルン! という食感を口の中で大いに楽しめます。衣は天ぷら粉を使用しているそうで、通常のからあげよりもサックリ軽やかな歯ざわり。タルタルソースとのからみもよく、肉厚なチキンがさわやかな味になります。とにかくタルタルソースが絶品で、量も多いので余ったソースをごはんに付けて食べてしまったほど。 甘ダレから揚げにかけられたタレは甘さも酸味もひかえめのあっさり味。その分、肉の美味しさを堪能できます。こちらはごはんのおかずだけでなく、お酒のアテにもいけそうです。ビッグチキンカツは肉の旨みたっぷり。そのままでも美味 ビッグチキンカツはその名の通りビックサイズ。割り箸の長さとほぼ同じで、みるからにスタミナがつきそうです。若い学生のほか、大工さんなど体を使って働く職人さんに大人気なんだとか。このチキンカツ、ソースとからしが付いてきますが、何も付けなくても肉の味がしっかり感じられて十分に美味しい。ザクッとした衣も油っぽくなく、すいすい食べられます。 手間ひまを惜しまないこだわりのからあげを揚げたてで味わいたい! という人は、ぜひ一度訪れてみてください。●SHOP INFO店名:とりサブロー 竹の塚店住所:東京都足立区竹の塚3-20-13TEL:03-5686-1820営:10:30~21:00休:無休●著者プロフィール松本壮平ライター・編集者。一般社団法人日本唐揚協会認定カラアゲニスト。生まれも育ちも「からあげの聖地」である大分県中津市。美味しいからあげを求めて東奔西走する「から活=からあげ探索活動」に明け暮れている。 

read-more
とりサブロー竹の塚3丁目
place
東京都足立区竹の塚3丁目20-13
phone
0356861820
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら