完食なるか? 『BON-KURA 梵蔵』の1.6kgの巨大チキンカツカレーに挑戦!


2020.06.03

食楽web

食楽web コロナの影響で巣ごもりが加速し、外に出られない状況が続いていますね。これからどうなるのか不安な人もいるのではないでしょうか。そんな時こそデカ盛りグルメを見て元気を出しませんか? 食べるだけのお出かけは難しい状況ですが、パワフルなデカ盛り料理を見て気分転換を。状況が収束したらぜひ食べに行ってみてくださいね! 皆さんは、学生時代の“思い出の味”って何ですか? 学食のカレーだったり、アパートの近くの定食屋、または友達と長時間だらだら話しまくった喫茶店だったり。 学生時代を相模原市の淵野辺で過ごした人にとって思い出の味、しかもメガ盛りサイズがあると聞き、向かったのは『ランチ&居酒屋ダイニング BON-KURA 梵蔵』。JR淵野辺駅から徒歩3分ほど。カレーと唐揚げが人気のお店です。 ここにあるのが、ライス1kg、チキンカツ250g、カレールー350g、トータル1600gの「1.6kgチキンカツカレー」。果たしてどんなカレーなのか、早速調査開始です。メニューは鶏料理が中心「昔焼き鳥屋だったから、鶏にこだわりがあるんですよ」と店主 席に座り、一番大きなチキンカツカレーを見つけ、早速注文。「うちのカレーはね、鶏手羽先と19種のスパイスを煮込んで、フルーツで甘みを出しています。だから最初に甘み、後からスパイスが効いてくるからね」と店主。おお~。それは楽しみ。 もともとメニューにチキンカツカレーはあったのですが、メガ盛りサイズを始めたのは約5年ほど前。大喰いの学生さんに楽しんでいただこう! と作ったのがキッカケで、月に大体10食は注文が入るそうです。「1.6kgチキンカツカレー」1780円。下の皿にまで溢れるカレールー! なかなかの迫力 待つこと10数分、テーブルの上にやってきたのは、ルーが器から溢れるほど盛られたチキンカツカレー! 早速計測です。幅27cm、奥行き19cm、ちょっと深めのオーバル皿に高さ約12cm。重量は1610g(器の重さを除く)。納得の迫力です。 計測を終えて一口。確かに最初はほんのり甘い。後からスパイスの香りがふわっと広がります。続いてチキンカツを一口。注文が入ってから揚げるので、外サクサク、中ふんわり。おそらくですが、250gのモモ肉に衣をつけて揚げているので、実質250gよりもあるかと思われます。ゴハンとカレーがすごいボリュームなので小さく見えるかもしれないけれど、チキンカツ250gって結構なボリュームだから!衣の中は、しっとり鶏もも肉。1切れが結構いいサイズなので、スプーンより箸で カレーライス、チキンカツと交互に食べすすめていきますが、なかなか減らない! スプーンと箸を駆使していいスピードとリズムで食べていると思うんだけれど、、、さすが1.6kg。手ごわい!「今まで食べた人の中で最短は8分ぐらいだね~。最高齢は72歳。中には、これに唐揚げ6個プラスして完食してったお客さんもいるよ~」と店主。 チャレンジメニューではないので、急いで食べなくてもいいのに、8分って。まさに“カレーは飲み物”を地で行く人なんだろうなぁ。それって学生さん?「学生さんが頼むことが多いけれど、中には店に来るたびに必ず注文するサラリーマンの方もいるよ」。おお~。必ず注文とは。1.6kgを普段から完食できる胃袋の持ち主ってことですね。すごい。ルーはトロトロしっかり系。おそらく鶏手羽のコラーゲンもたっぷり?「ルーが足りなくなったら足してあげるよ~」と店主 完食の秘訣があるか店主に聞くと「考えずに食べる! 満腹中枢のサインが脳に届く前に食べきることじゃない?」とニッコリ。確かに、食べ続けていると突然満腹のサイン、いや、サイレンが脳内で鳴り響きます。口はまだいけそうな気がしているのに、喉とお腹が受け付け拒否状態。もぉパンパン。サラサラのルーだと飲み物なのかもしれないけれど、トロットロのルーはドスッとお腹にたまる。ちょっと小休憩~。 ちなみにこのカレー。シェアは不可ですが、食べ残した分は持ち帰りオーケーとのこと。それなら持ち帰りにしてもらっていいですか?「うちは時間制限もペナルティもないんだから、無理しなくていいんだよ~」。あたたかい言葉、助かります!揚げたてアツアツのカツの上にカレーのルー。なので最初は熱い! そしてスパイスのいい香り! カツカレーのほか、お店の人気メニューは「ソースチキンカツ丼」と「トリ天丼」の爆盛り。およそ700gの丼を、夜21時ごろにふらっとやってきて食べていく、というお客さんもいるとのこと。そして全メニューテイクアウト注文可能なので、家でゆっくり食べたい、という時は買って帰るのもオススメです。 大喰いの学生さんたちに喜んでもらおうと作ったメニューですが、今では学生さんより、社会人の注文が多いんだよね、と微笑みながら話す店主。夜はお酒を飲んで、シメに丼やカレーライスを食べる、という人も多いとのこと。 淵野辺の街でずっと学生さんや地元の人に愛され続けているチキンカツカレー。唐揚げトッピングプラスは無理ですが、次回は完食目指して再挑戦します!(取材・文◎石澤理香子)●SHOP INFO店名:ランチ&居酒屋ダイニング BON-KURA 梵蔵住:神奈川県相模原市中央区淵野辺3-4-15TEL:042-756-5431営:11:30~14:00 17:00~22:00(LO各15分前)休:日曜、時々祝日※新型コロナの影響により営業日・時間が不安定になっています。来店される際は事前に店にご確認ください 

read-more
ランチ&ダイニング 梵蔵(ぼんくら)
place
神奈川県相模原市中央区淵野辺3-4-15
phone
0427565431
opening-hour
月-土ランチ 11:30-14:00月-日…

この記事を含むまとめ記事はこちら