東銀座駅すぐ! 和食ダイニング『ZEN HOUSE』で味わえる「現代里山料理」って何?


2020.03.26

食楽web

食楽web 東銀座駅徒歩1分でアクセスできる「ミレニアム 三井ガーデンホテル 東京」。このホテルのレストランがリニューアルし、日本の食文化の素晴らしさを感じさせる『現代里山料理ZEN HOUSE』として3月1日、生まれ変わりました。「ミレニアム 三井ガーデンホテル 東京」は、シンガポールのホテルグループと手を組んだ斬新かつラグジュアリーなホテル。好立地ということもあり、インバウンド需要が高いため、今回のレストランでは“和”を意識した空間と料理にこだわっています。宿泊客ではなくても気軽に訪れたくなる、この『ZEN HOUSE』の魅力、現代里山料理とは何なのでしょうか?日常から別世界へ引き込む、落ち着いた空間 地下へと階段を降りていくと、木材や石材など自然素材を使い、書道家のアートワークや盆栽のオブジェなどが置かれ、和を感じさせる落ち着いた空間が広がります。ここは宿泊客のみならず、普通にモーニングやディナーをしに訪れることができます。全国の“美味しい”食材が詰まった絶品料理ディナーコースより、「穴子白焼き フォアグラズッキーニソースと根セロリ」 ここで味わえる「里山料理」とは一体、どんなものでしょうか。それは、それぞれの土地の恵みや伝統を「食」を通じて伝えていくもの。よって、食材はシェフが実際に足を運美、厳選した日本各地の旬の食材ばかり。朝食やランチ、夕食でも味わえるオススメの「肉そぼろ」 例えば、野菜は神奈川の三浦野菜や、放し飼いで飼育されたこだわりの「ネラの卵」など、数え切れないほどの美味しい食材がここに来ると味わえます。そして、和食やフレンチなど、食材に合わせて調理され、今までにない現代の里山料理を堪能できるのです。 朝食は、洋食や中華料理、和食が楽しめるブッフェスタイル。その場で手作りしてくれるおにぎりやたくさんの漬物、高級食パン専門店『高匠』の絶品パンや、こだわりのジャムなどが登場します。色鮮やかで種類も豊富! 昼餉の「前菜」が楽しい前菜アラカルト。3500円(税込)コースより 月替わりのコースで味わう昼餉(ランチ)は、干物専門店『伴助』の干物をメインとし、角打ちに入った前菜で旬の野菜をたっぷり楽しめます。宿泊客以外も歓迎! 夕餉は絶品コースと角打ちを堪能ディナーコースより「九州黒毛和牛サーロイン 旬野菜 雪わさびのソース」 さらに夕餉(ディナー)は8000円と10000円のコース(税・サービス料別)があり、アラカルトも楽しめます。目玉料理には、一週間奈良漬けにしたフォアグラとネラの卵の「茶碗蒸し ごぼう茶餡」や、「ぬか床に漬けた松阪ポーク炙り焼き」のほか、だしをたっぷり使って炊き上げた「丸ごと地鶏の出汁で炊き上げた土鍋ご飯」などがあります。どれも体に染みいるような、懐かしくも新しい料理ばかりです。店内のカウンターが角打ちに 食を楽しむには、美味しいお酒も必要ですよね。ダイニングのカウンターでは、日本酒からフルーツを使ったジューシーなカクテルまでたくさんのお酒を楽しめます。同店のシェフが漬けた彩り野菜の糠漬けなど、一風変わった“あて”も登場。ふらりと仕事帰りに立ち寄って一杯。そんなひとときが、きっと日頃の喧騒を忘れさせてくれるでしょう。 モダンだけど、懐かしい「現代里山料理」を味わえる『ZEN HOUSE』。銀座の新しいスポットとして注目されそうです。●SHOP INFO現代里山料理 ZEN HOUSE住:東京都中央区銀座5-11-1  ミレニアム 三井ガーデンホテル 東京 B1営:朝食 6:30~10:00(最終入店9:30)  ランチ 11:00~15:00 (L.O. 14:30)  カフェ(土日祝のみ)15:00~17:00  ディナー(月~土・祝前日)17:00~23:00(L.O. 22:00)休:なし 

現代里山料理 ZEN HOUSE
place
東京都中央区銀座5-11-1 ミレニアム三井ガーデンホテル東京B1
phone
0120918243
opening-hour
土・日・祝カフェ 15:00-17:0…

この記事を含むまとめ記事はこちら