ここでしか食べられない! 志摩地中海村「リアス バイ ココチャ」の新バスク料理の魅力とは?


2020.02.27

食楽web

看板メニューは新感覚なスペイン・オムレツ | 食楽web 三重県志摩市に、イタリアやスペインなどの地中海をイメージさせるヴィレッジ&ホテル「志摩地中海村」があるのをご存知でしょうか? 石畳の道、白亜の宿泊棟、部屋から望む雄大な自然、夜空に煌めく星空。そこには、日本とは思えない美しい別世界が広がっています。 この施設の外れにあるのが、まるで海に浮かぶ孤島のような、国内でも有数のレストラン「リアス バイ ココチャ(Rias by Kokotxa)」。まるでスペインにトリップしたような、素敵な空間と料理が楽しめます。スペインにいる気分にさせるおしゃれな店内 それもそのはず。このレストランは、バスク料理の聖地、スペインのサン・セバスティアンでミシュラン1つ星を獲得した『kokotxa(ココチャ)』の提携店といえる店。『ココチャ」のオーナーシェフ、ダニエル・ロペスが考案した、独創的で繊細な「新バスク料理」を堪能できます。 この度、リニューアル1周年を迎え、ダニエルの特別な一品を加えたスペシャルコースを堪能してきました。彼が生み出す料理の魅力とは、どんなものなのでしょうか。ミシュラン1つ星レストランのシェフが監修 ダニエルは、伝統的なバスク料理をベースに、独創的で前衛的なテクニックを使った「新バスク料理」を作りあげます。リニューアルオープンから1周年を迎えた『リアス バイ ココチャ』にはダニエルが現地入りし、この日のためのスペシャルな料理を考案していました。 伊勢志摩は、豊富な海の幸が獲れる自然豊かな土地。その新鮮な素材が料理の想像力を一層、掻き立てます。ダニエルは、その時に再現できるもっとも美味しい料理を貪欲に求め、料理を提供する瞬間まで試行錯誤を繰り返すそう。「食を楽しむことに長けた国からやってきたダニエルは、紳士でとてもフレンドリー。その陽気さや食への愛が、料理によく表現されています」と話すのは志摩地中海村の社長、大西晶さん。では、活き活きとした伊勢志摩の素材と、美しいソースで彩られた料理の数々をご紹介しましょう。前菜「海藻ケーキ貝のタルタル」と「魚のロワイヤル」 前菜が運ばれてくると、その美しい色合いに目を奪われました。緑色の料理は、海藻のスポンジケーキに刻んだ檜扇(ひおうぎ)貝のタルタルをトッピングしたもの。貝のプリッとした食感が楽しく、さっぱりした味わいでした。「魚のロワイヤル」は、中が空洞のワンタンの皮に、魚のムースを乗せたもの。手でつまんでパクリ。パリッとした食感が楽しい一品です。しっとり柔らか!「伊勢鶏のサラダ 椎茸のエスカベッチェ」 驚くほどしっとりとした鶏のサラダ。椎茸の香りがたち、ピリッとしたマスタードソースがアクセント。実は隠し味に「おにぎりせんべい(銀シャリ)」を砕いたものを使っているとか。この発想が斬新!看板メニュー! 新感覚の「私達の鱈のトルティージャ」 この店の定番料理が、このスペインオムレツ(トルティージャ)。普通、もっと固めのオムレツをイメージしますが、こちらはトルティージャの概念を覆すムース仕立て。実はダニエルは、ムース(エスプーマ)状の料理が得意なんだとか。 刻んた鱈、玉ねぎや長ネギ、ピーマンなどの食材を、エスプーマ状にした卵黄が包み込んでいます。濃厚でクリーミーかつ、鱈と野菜のコリッとした食感が楽しい! これは他では味わえない逸品です。蛸の出汁が効いた「蛸のトリンチャット」 カタルーニャ地方の料理で、本来はキャベツとマッシュポテトを和えたものですが、こちらでは白菜を使い、仕上げに蛸のだし汁をかけ、さっぱりと味わい深く仕上げています。歯切れのいい柔らかな真蛸は、感動もの!ダニエルのスペシャルな一皿「ヒラメのビスカイヤ風」 ビスカイヤ風とはトマト、玉ねぎ、にんにくなどのソースを使ったバスク料理。赤いパプリカの甘みと、ヒラメの身の食感を楽しみつつ、エイヒレのチップや焦がし玉ねぎのマヨネーズソースが時折、刺激を与えてくれます。定番料理の「黒毛和牛のサーロイン しそとピーナッツソース」 柔らかくてとろける“黒毛和牛”の美味しさに、青シソやピーナッツ、山椒やゴボウ、春菊などの“和”素材を生かしたメイン料理。食感も、食べ応えも十分!スパイシーなスポンジケーキが斬新! 「プリンのエスプーマ」 すっかりお腹いっぱいになった後、最後のデザートにまた感動がやってきました。プリンをエスプーマ状にし、パンチのあるスパイシーなケーキやバニラアイス、レモンと生姜のゼリーにトッピングした斬新な一皿。カルダモンやアニスなど強めのスパイスの味わいを、プリンのエスプーマが包み込む、なんとも不思議な美味しさでした。 どの皿も素材が生き生きとした、日本人好みの上品な味わいが印象的でした。『リアス バイ ココチャ』は、ここでしか食べられないバスク料理を求めて、わざわざ訪れる価値のあるレストラン。志摩地中海村とともに、異国へ旅したようなラグジュアリーなひとときを体験しに訪れてみませんか?(撮影・文◎草地麻巳)●SHOP INFO施設名:ヴィレッジ&ホテル「志摩地中海村」RIAS by kokotxa(リアス バイ ココチャ)住:三重県志摩市浜島町迫子2619番地1TEL: 0599-52-1336(予約専用)営:11:30~14:00(L.O.13:00)、17:30~22:00(L.O.20:00)※ランチ5000円コースから、ディナー1万円コースから※夕食は要予約。メニューは日ごとに異なります※近鉄鵜方駅からタクシーで15分 ※宿泊者は送迎あり 

Restaurant Rias by Kokotxa 志摩地中海村
place
三重県志摩市浜島町迫子2619番地1
phone
0599521336
opening-hour
【平日】昼 11:30 - 14:00(13:…

この記事を含むまとめ記事はこちら