ゲームでおなじみタイトーが“遊”と“食”を融合した『EXBAR TOKYO』をオープン。その魅力とは?


2019.11.22

食楽web

食楽web「スペースインベーダー」や「電車でGO!」など、数多くの大ヒットゲームを生み出したTAITO(タイトー)が、東京・銀座に「食」と「遊」を融合した注目のイータテインメント施設『EXBAR TOKYO(エクスバートーキョー)』を開店しました。 “大人に美味しい遊び場”をコンセプトに、バラエティ豊かなタパス(スペインの小皿料理)をカジュアルに楽しめるガストロパブエリアと、本格的な美味しい料理を味わえるレストランエリアの2つで構成。世界を舞台に活躍するDJ・須永辰緒氏監修の音楽をBGMに、多彩なフードやドリンクを堪能しつつ、「スペースインベーダー」や「PONG」などのTAITOアーケードゲームを自由にプレイできる魅惑的な空間となっています。「ガストロパブエリア」では、さまざまな国のパブをイメージした世界のパブ料理を提供。肉、野菜、魚介など、豊富な食材を用いた多彩なメニューが提供されます。「BLUE HOUR DINING」と名付けられたレストランエリアでは、上質な肉料理コースを始めとする多彩なメニューと美味しいお酒で、楽しいひと時を過ごすことができます。 さらに、ガストロパブエリア内のバースタンドには、『EXBAR TOKYO』のために開発したというセルフビールサーバーシステム「EX-SERVER(エクスサーバー)」を設置。18種類のクラフトビールから好きな銘柄を好きな分量だけ注ぐことができる他、注いだ分だけ会計できるという日本初となるシステムが導入されています。 店内には180インチの大型スクリーンやモニターが複数台設置され、スポーツやPVなどのコンテンツを大迫力の映像で楽しめます。ガストロパブエリアは着席70席&立席30席、レストランエリア「BLUEHOUR DINING」は着席66席と広く、仲間との集まりやバースタイルで楽しめるだけでなく、フロアを貸し切りにしたパーティーなど、シチュエーションに応じた利用が可能となっています。 美味しい食事やお酒とともに、ゲームプレイや心地よいサウンドも楽しめるなど、大人の遊び心をくすぐる仕掛けが満載。非日常的な時間を『EXBAR TOKYO』で心行くまで堪能してみてはいかがでしょうか。●DATA店名:EXBAR TOKYO(エクスバートーキョー)住:東京都中央区銀座8-2-1 ニッタビル8階営:ガストロパブエリア 17:00~24:00、金曜、土曜、祝前日17:00~27:00、レストランエリア『BLUEHOUR DINING』17:00~23:00https://exbar.jp/ 

EXBAR TOKYO
place
東京都中央区銀座8-2-1 ニッタビル8F
opening-hour
[日-木]17:00-23:30[金・土・…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら