旨い店はタクシー運転手に訊け! 池袋の天丼専門店『天丼ふじ』が美味しすぎる理由


2019.08.22

食楽web

食楽web「旅先で旨いものが食べたければ、タクシードライバーに聞くのが一番」と言います。そこでB級グルメに精通する現役運転手・荒川治さんにイチオシのお店へ案内してもらいます。 夏に食べたいものといえば、かき氷、そうめん、冷やし中華などが定番かと思いますが、汗をかいて体の熱を発散したい私は、冷やし系ではなく、むしろアツアツの天丼を食べたくなります。そんなときに向かう店が、池袋の『天丼ふじ』です。 池袋駅西口から徒歩約1分。カウンターだけの小さいお店で、たいていの人は通り過ぎてしまうかもしれませんが、よく見ると外側の曇りガラスから、ご主人が狭い厨房で、汗だくになって天ぷらを揚げている様子が覗き見ることができます。私はいつも「料理人って本当に大変だなぁ」と思いながら、暖簾をくぐります。 店名どおり、ここのメニューは天丼オンリーで天ぷら定食ありません。種類は、基本の天丼に、イカ天丼、穴子天丼、海老天丼、ジャンボ天丼、特製天丼の6種類です。 私が注文するのは、「天丼」(800円)、もしくは「ジャンボ天丼」(1000円)。そして、必ず「おしんこ」(100円)をつけます。 こちらの店では、注文したらすぐにお代を払うシステム。すると、最初におしんこが出てきて、それをつまみながら、数分後に出てくる味噌汁と天丼を待ちます。このおしんこが、準備体操のような存在で、シャキシャキしていて塩分控えめで。食欲をそそるんですね。これだけでビールを飲めそう。白菜とタクアンのおしんこ 奥でご主人が天ぷらを揚げている間、頃合いをみてカウンターの女性店員が無駄のない動きで味噌汁を出してくれます。そしていよいよ、天丼が登場。「天丼」800円は、海老、キス、イカ、春菊、ノリ、シシトウの天ぷらがのっています ご覧ください。天ぷらの衣の具合が見事でしょう。素材ごとに衣の塩梅を変えていて、エビはツンと立った衣、キスはパリッとした衣、イカははんなりとまとうような衣、ししとうや春菊は非常に薄衣が付いていて、海苔に至っては、衣がチョンチョン。 その豪華絢爛な天ぷらたちの下には、ふっくらツヤツヤ、粒の立った輝く銀シャリ。そして、なんといってもニクイのが、紅ショウガが隅っこにいるんですよ。 そして、ここの天丼は天ぷらを全てごはんに載せた後に、天つゆを回しかけるタイプです。時々、天ぷら1つ1つをタレに付けてから載せるタイプの天丼もありますが、私は後がけのほうが好きなんです。そのほうが、衣の様々な食感を楽しむことができる気がするからです。海老天はぷりぷり。イカ天はふんわりと柔らかく、キスはサクサク、春菊はパリパリしていて、最高です。 さらに、ここの天つゆは非常にスッキリしていて甘ったるくないのがいい。適度にごはんに流れ落ち、ごはん粒に染みた部分も最高です。食べ進むと、時折、紅ショウガの酸味がメリハリを与えてくれます。ぺろりと食べ終わり、本当はもう1杯食べたいくらい。 ちなみに、「ジャンボ天丼」(1000円)と一緒に頼んでみたらこんな感じです。 天丼と比較すると、“ジャンボ”は、海老が2本、キスが2本と倍になり、ごはんが大盛り。この「ジャンボ天丼」を食べている女性客もよく見かけます。天丼がいかに軽く仕上げているかがわかるでしょう。猛暑の日でもさらっと食べられる『天丼ふじ』の天丼を、ぜひ食べてみてください。(撮影・文◎土原亜子)●SHOP INFO店名:天丼ふじ住所:東京都豊島区西池袋1-28-6 大和産業ビル 1FTEL:03-3985-0844営:11:00~23:00 第1・3日曜11:00~20:00休:第2・4・5日曜●プロフィール荒川治東京都内在住のタクシー運転手。B級グルメ好きが高じて、現職に就き、お客さんを乗車させつつ、美味い店探しで車を回している。中年になってメタボ率300%だが、「死神に肩をたたかれても、美味いものを喰らって笑顔で死んでやる」が信条。写真検索で美味しそうなモノを選び、食べに行って気に入ればとことん通い倒す。でもじつは、自分で料理を作ることも好きで、かなりの腕と評判。 

天丼ふじ
place
東京都豊島区西池袋1-28-6 大和産業ビル1F
phone
0339850844
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら