あの『これ半端ないって!』のカフェ『このカフェ半端ないって!』に行ってみた!


2019.07.01

食楽web

食楽web まだまだ熱い高級食パンブーム。人気店は相変わらず店頭に長い行列を作り、整理券配布をする店舗もあるほど。もはやブームを通り越し、定着の気配です。そんな中、高級食パンの中でも、そのネーミングのインパクトと、一度食べたら忘れられない美味しさで、行列の絶えない店として知られる『午後の食パン これ半端ないって!』が、カフェをオープン。食パン好きとしてはぜひとも食べてみたい! と、早速行ってきました。一度食べたらやめられない“半端ない”味の食パン『午後の食パン これ半端ないって! 橋本店』で販売されている食パン。左が「半端ない熟成」800円、右が「仕方ない午後」980円 今回オープンしたカフェは、場所はJRと京王線が通る橋本駅からほど近い場所。すでに人気店として知られる『午後の食パン これ半端ないって! 橋本店』に併設する形でオープンした同店。その名も『このカフェ半端ないって!』。こちらの食パン専門店は、ベーカリープロデューサーの岸本拓也氏がプロデュースするお店。『考えた人すごいわ』(清瀬・菊名)『題名のないパン屋』(平和島)など、次々と高級食パン店を世に送り出しているヒットメーカーです。次々と焼き上がる食パンが、次々と売れていきます。『午後の食パン これ半端ないって!』では、小麦粉、バター、塩、レーズンなど、素材にこだわり、特に生クリームにこだわって、耳まで柔らかく、口どけなめらかな食パンを販売しています。橋本店もオープン以来、地元や近隣の人たちから高い支持を受けていて、行列ができることも。パンに合う! こだわりが詰まったコーヒーこの日は『TERA COFEE and ROASTER』の寺嶋さんがコーヒーを淹れてくれました 今回オープンしたカフェでは、この自慢の食パンのおいしい食べ方をプロが提示してくれます。モーニング、ランチ、ティータイムと、それぞれメニューが異なり、いろいろな形で“半端ない”食パンが楽しめるというわけ。 パンと一緒に味わいたいコーヒーにもこだわっていて、横浜の人気ロースター『TERA COFEE and ROASTER』と共同開発したオリジナルブレンドを提供。ハンドドリップで淹れるコーヒーやエスプレッソは、バタートーストとの相性が抜群です。『TERA COFEE and ROASTER』の白楽店、大倉山店でも飲めない特別なブレンドで、ほかに季節に応じたブレンドもあるので、コーヒー好きも大満足です。左が自家製レモネード、右が自家製ジンジャーエール。ホットとアイスで コーヒーが苦手な人には、紅茶各種はもちろん、自家製のレモネードやジンジャーエールなどもあるので、ぜひ、食パンといろいろな組み合わせを試して欲しいですね。プロが伝える美味しい食パンの美味しい食べ方パンに合うものばかりがワンプレートになった「朝食セット」580円 カフェのメニューは、まずはモーニング。「朝食セット」は「本日のディップ」として、日替わりでジャムが5、6種用意されているので、その中から3種を選びます。食パンは生(焼かない)かトーストが選べます。そして、特筆したいのは食パンの「半端ない熟成」を+50円でレーズン食パンの「仕方ない午後」に変更可能ということ。 この「仕方ない午後」はこだわりのレーズンが入ったもので、お店でも1日20本しか販売していないため、開店前から行列ができ、午前中には売り切れてしまうという人気の食パン。なかなか食べられないこちらの食パンを並ばずに食べられる、ある意味裏ワザです。ただ、数に限りがあるのでお早めに。休日など、2人以上で朝食を食べるときには「半端ない朝食セット」(1280円)も。ディップが4種選べ、ボリュームUPしたサラダやフルーツの盛り合せが付きます。食パンはまずはそのまま、そのあと、バタートースト、選んだディップ、サラダ+タマゴサラダをのせたり、思い思いに楽しみます。朝から幸せな気分になれますよ。メインディッシュが選べるランチプレートはボリューム満点「本日の半端ない食パンランチ」1280円。この日のメインはハンバーグ ランチのおすすめは「本日の半端ない食パンランチ」。食パンと食べるのがおすすめのメインディッシュは2種から好きなものが選べ、厚切り食パン、ミニ惣菜、ミニデザートがついています。こちらも食パンをバターで食べたり、メインディッシュと一緒に食べたり、ソースをつけたり、ミニ惣菜をのせたりと、いろいろ楽しめるのがうれしいですね。 食パンだけだと物足りないのではと思う人もいるかもしれませんが、メインディッシュと「半端ない熟成」がしっかりボリュームがあり、おなかいっぱいになれます。この日のメインディッシュのハンバーグもお肉の旨みがしっかり感じられ、濃厚デミソースとパンの組み合わせも美味しい! 本気でおなかいっぱいです。単品メニューの左が「だし巻たまごサンドイッチ」800円、右が「クラブハウスサンドイッチ」1000円 ほかにも単品メニューのサンドイッチやクロックマダムもあり、気分によって、おなかの空き具合に合わせて選びましょう。ゆっくり食事をする時間がないときは、テイクアウトだけで食べられるアンデス高原豚のカツサンドもありますよ。テイクアウトだけの「アンデス高原豚のカツサンド」500円ティータイムはサクッとトロトロなフレンチトースト「フルーツたっぷりフレンチトースト」1000円 14時からのティータイムでは、「半端ない熟成」を使ったフレンチトーストが登場します。特製のアパレイユ(パンを漬けておく液)に一晩じっくり漬け込み、フライパンとオーブンの両方を使って焼き上げています。 とにかく、いい匂いがしていて、ちょっとフォークが触れただけでプルプルと揺れます。実際にナイフでカットして口に運ぶと、外はサクッと香ばしく、中はプリンのようなトロトロ食感。見た目は結構な大きさですが、気づけばペロッと食べられてします。罪なヤツ! こちらもコーヒーや紅茶との相性がいいので、至福な午後を過ごしたいときに、自分へのご褒美にいいかも。「シンプルフレンチトースト」800円 朝、昼、午後といろいろな食べ方ができる『このカフェ 半端ないって!』。どの時間帯に行っても、美味しく楽しく時間が過ごせるのがいい! さすがプロが提案する食パンの食べ方。本当に食パンの魅力をグッと引き出してくれていました。食パンの美味しさに改めて気づかされ、帰りに食パンを買って帰りました。食パン好きもコーヒー好きもぜひ、訪れてみてほしいお店です。●SHOP INFOこのカフェ半端ないって!住:神奈川県相模原市緑区橋本2-17-21 AYAビル1階TEL:042-703-6611営:8:00~18:00(LO17:30)休:月曜日http://korehanpanaitte-cafe.com/※価格はすべて税別 

このカフェ半端ないって!
place
神奈川県相模原市緑区橋本2-17-21AYAビル1F
phone
0427036611
opening-hour
火-日、祝日、祝前日: 08:00-1…

この記事を含むまとめ記事はこちら