NYサイズの巨大ベーグル! 新高円寺『えび寿ベーグル』が美味しい理由


2019.05.25

食楽web

食楽web巨大ベーグル出現 日常に突如として現れる圧巻の光景に、思わず目を見張る瞬間というものがあります。最近、筆者にとっては、東京・新高円寺近くの『えび寿ベーグル』が、まさにその“圧巻の光景”でした。 五日市街道沿いにある店のガラス越し。店内のショーケースの中に並んだベーグル。それが、ただならぬ大きさだったのです。 あまりに気になったので、入店してみることに。間近に見ると、さらにデカい! プレーンベーグル(230円)を1つ購入して手にしてみると、厚みもあってより巨大に感じます。プレーンベーグル230円。手に載せると指まで覆い隠すほど。筆者の手は、手の付け根から指先まできっちり18cm。きっと小顔の人なら、お面サイズです さらに、焼きたての鉄板にはもっとでっかい「ごまチーズ」(280円)がありました。チーズをたっぷりかけて焼いてあり、実に美味しそうです。「ごまチーズ」280円豊かな食感が楽しい!左上から時計回りに‥「エブリシングベーグル」250円、「チョコレートベーグル」300円、「プレーンベーグル」230円、「ごまチーズ」280円 あまりにいい香りがするので、店内のイートインスペースでいただくことにしました。 まず「プレーンベーグル」。かじるとムニッと皮に粘り気があり、ふわりと小麦のいい香りがします。噛み締めると弾力があり、中の生地はふわっとやわらか。噛むほどに淡い甘みを感じます。「プレーンベーグル」の断面。外側はパリッと、中はふんわり 続いて「ごまチーズ」をいただくと、チーズに覆われたベーグルの皮はパリパリ、カリカリッとしていて、中の生地はもっちり。ごまとチーズの焼けた感じが香ばしく、思わずパクパク食べてしまいます。 さらに「チョコレート」は、ココアの風味が全体の生地にチョコレートのつぶつぶ感がアクセント。こちらの生地は、皮のムニっと感はそのままに、中はしっとり感があります。 さらに、「NY定番のスモークサーモンとクリームチーズを挟んだサンド“LOX(ロックス)”がウチのイチオシですよ)と女性店主に教えてもらったので、それも追加注文。好きなベーグルにプラス料金でサンドを作ってくれます。チキンや牛肉、フムス、シナモンレーズンクリームチーズなどは手作り 作っているところを見ていると、ベーグル自体が大きいため、具材のサーモンもクリームチーズもたっぷり。プレーンベーグル(230円)にレタス、クリームチーズ、サーモンがたっぷり入った「LOX」(プラス360円)で、合計590円 ずっしり重い「LOX」を食べてみると、ベーグルの外側はカリッとハードですが、中の生地が柔らかいので、具材のクリームチーズとサーモンのしっとり感とピタッと合って、口の中でバランスよく混じり合う。こんなにビッグサイズなのに、まだまだ食べられそうと思えるから不思議です。具材もたっぷりNYスタイル 店主の釜井恵美子さんにお話を聞いてみました。「ベーグルが大きいのは、本場NYのスタイルでやりたかったからなんです。NYのベーグルは大きいうえ、食事感覚で食べるので具材に肉や野菜をたっぷり挟んで食べるのが主流です。ちなみに日本で一般的なベーグルのサイズは、向こうでは“ミニベーグル”って呼ばれているんですよ」手作りのガーリックチキンとハーブをサンドはプラス260円 釜井さんの経歴を伺うと、10年ほど前から日本や海外のベーグルを食べ歩き、自宅でも毎日焼いていたというベーグルマニア。6年ほど前から代官山のカフェでベーグル教室の講師も務め、2016年10月に、とうとう念願の専門店を開いたのだそう。 ところで大きくても軽く食べられてしまう理由はどこにあるんでしょうか?「確かに、うちにいらっしゃるお客さんは、“大きいね”と言いながら、サンドを2個、3個食べられる方が結構いらっしゃいます。意外に軽いんですよね。バターなどを使っていないこともありますが、その軽さの理由は、食感にあるかもしれません」 こちらでは、北海道産の“キタノカオリ”と、フランスパン用の“リスドォル”(準強力粉)という小麦粉を半々に使っているそうです。「それぞれ個性的な粉なのですが、その二つを使うことで、外側はパリッと香ばしく、噛むともっちり粘り気もあって、ハードそうなのですが、内側の生地は非常にソフトで軽く仕上がるんです」 確かに食感も小麦の味もとてもしっかりしていますが、食べられるのは、フランスパンのような軽い食感も兼ね備えているからかもしれません。雑穀のベーグル「エブリシング」(250円)に、「フムス」(160円・ひよこ豆のペースト)を挟んだフムスサンド「ベーグルに夢中で、職人のようにベーグルばかりを作り続けてきたんですが、お店をオープンしてみて、お客さんとお話しするようになって、少し考え方が変わりました。それは、あるお客さんに“ここは幸せの発信基地みたいですね”と言われたからなんです。ベーグルを通して、そんな気分になってもらえたらいいですね」と釜井さん。 確かに、ぷっくり大きなベーグルを見ていると、なんとなく気分が上がる気がします。みなさんも、ぜひ『えび寿ベーグル』のベーグルを食べてみてください。大きいだけではなく、本当に美味しいですよ。(撮影・文◎土原亜子)●SHOP INFO店名:えび寿ベーグル住:東京都杉並区梅里2-6-3TEL:非公開営:11:00~20:00休:木 

read-more
えび寿ベーグル
place
東京都杉並区梅里2-6-3
phone
07065177738
opening-hour
11:00-20:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら