顔の印象を変える!本当に似合うメガネ選びのポイントとは


2020.07.17

Sheage

意外と難しい眼鏡選び。素敵だと思ったフレームも、自分がかけるとなんだかしっくりこない。かけるとなぜか疲れた顔に見える…。それは、色や形が、あなたの顔に合っていないことが原因かもしれません。では、自分に合うフレームとは一体どんなものなのでしょう。メイクするようにかける眼鏡とは慌ただしい朝、メイクをする時間がなく、とりあえず眼鏡をかけてごまかした…なんて経験のある女性は多いのではないでしょうか?時間がある・ないにかかわらず、自分に合ったフレームを選べば、肌の血色がよく見えたり、顔の印象がすっきりしたりなど、眼鏡がまるでメイクのような役割をしてくれることがあるんです。では、自分に似合う眼鏡はどのように選べばよいのでしょうか?メガネの選び方【ポイント1】眉まず1つめのポイントは、「眉のライン」と「眼鏡の眉」を意識することです。眼鏡の眉とは、フレームの上部のこと。この部分のシェイプと自分の眉毛の形を合わせると、顔馴染みが良くフィットします。
例えば、アーチ型の眉の方は、写真左のように眼鏡の眉もアーチを描いたものを。直線的な眉の方は、写真右のように眼鏡の眉山は浅く、眉尻が下がるようなものを選ぶとまとまりのある印象に。メガネの選び方【ポイント2】顎同じように、「顎のライン」と「眼鏡の顎(フレームの下部)」との相性も大切です。
細くすっきりとした顎の方は、眼鏡の顎が下に向かってすぼんでいく形のものを。丸みのあるふんわりした顎の方は、眼鏡の顎も柔らかいカーブのものを選ぶと顔に馴染みます。
あるいは、自分の輪郭や眉をコンプレックスに感じているようであれば、あえて逆のものを選び印象をコントロールすることで、スタイルアップ効果も期待できますよ。メガネの選び方【ポイント3】カラーフレームの形が決まったら、色選び。ここでは、イエローベ―ス肌・ブルーベ―ス肌、それぞれの肌カラーに合わせてフレームの色を選びましょう。
例えば同じべっ甲調のフレームでも、イエローベース肌の方は、写真左のようなオレンジ系のハイライトが効いているものを。ブルーベース肌の方には、写真右のようにやや緑味を帯びたカラーがおすすめ。
自分の肌カラーに沿った色を選ぶことで、肌を明るく見せてくれたり、目まわりの血色感が増したり、まるでメイクアップしたかのような効果が得られます。自分の肌カラーが分からない方のために、ご自宅でもできる簡易的なチェック方法をご紹介。
ゴールドとシルバーの紙に手をのせて、肌の色が明るく綺麗に見えるのはどちらの色かを確認します。ゴールドならイエローベース、シルバーならブルーベースです。手のひらと甲、両方でチェックしたり、他の人に聞いてみるのもよいでしょう。「パーソナル接客」であなたに似合う一点を今回、眼鏡の選び方を教えてくれたのは、女性を美しく彩る眼鏡ブランド「GLASSAGE(グラッサージュ)」の専属スタッフ。
現在、GLASSAGE 西武池袋店では、新型コロナウイルス対策の一環として、店舗とオンラインそれぞれで利用できる「パーソナル接客」を開始しています。店舗では、専属スタッフ1名が付き、あなたの眼鏡選びを一貫してお手伝い。オンラインでは、自宅からオンラインツールを使って店舗スタッフに直接相談ができるそう。いずれも、完全予約制とのことなので、気になった方は公式サイトから、または電話で問い合わせてみてくださいね。 

グラッサージュ西武池袋店
place
東京都豊島区南池袋1丁目28-1
phone
0359049497
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら