生?トースト?お茶×小豆も気になる!職人技が光る絶品食パン


2020.07.07

Sheage

食パンブームが続く中、またもや気になるお店が一つ登場しました。石川県の「金澤食パン専門店『わざなか』」です。ラインナップは生食用・トースト用で分けられ、金沢らしいとっておきの食材を盛り込んだ予約限定品もあり、一度は味わってみたいという人からリピーターまでが訪れる大人気店となっています。石川県の職人技が詰まった食パン専門店今年2月石川県野々市に開店した「金澤食パン専門店『わざなか』」(以下 わざなか)。オープン初日は約1時間半前から人が集まり始め、200人を超えるほどの行列ができる大盛況となりました。その後も客足は途絶えることがなく、「ふわふわで、もっちりしていて美味しい」「濃厚な甘みが楽しめる」という感想が次々に届いているそう。店名のわざなかは、二つの技によって食パンができていることを示しています。
一つは、素材選びの技。素材が悪ければ、どんな熟練の技術も無意味になるという考えから、北海道産の乳脂肪分が豊富な生クリームや純度の高いハチミツなど、素材の一つひとつにこだわって選定しています。マーガリンや着色料、香料などの添加物は使わず、卵も不使用。アレルギーのある方も安心して食べられる食パンとなっています。
もう一つは、食パン作りの技。パンの生地は、その日の気温や湿度によって発酵のしかたや水分量が変化し、それが味にも大きく影響します。わざなかでは熟練の職人が毎日素材と向き合い手作りすることで、変わらないおいしさの食パンを届けているのです。生とトースト用のほか、石川県ならではの素材を使ったものもわざなかの食パンのラインナップは全部で四種類。
迷ったらこれをと太鼓判を押される看板商品が、「金澤『生』食パン」。北海道産の生クリームや純粋ハチミツ、バターをふんだんに使った生食パンです。ふわふわな食感で、一口噛めば甘みが口の中に広がります。まずは何もつけずに、リッチな味わいを楽しみましょう。
金澤「生」食パン 700円(税別)続いての「金澤『生』食パン プレミアム」には、北海道産マスカルポーネと乳脂肪分47%の高級生クリームが使用されています。さらに通常の食パンの3倍のバターと、水の代わりに牛乳を使うことで、しっとりとした食感に。生クリームのコクがありながらも、小麦の旨味がしっかりと感じられるパンに仕上がっています。
金澤「生」食パン プレミアム 1,000円(税別)上記二つの「生」食パンに対し、トーストにおすすめの「金澤『焼』食パン」もありますよ。
焼いたときに小麦の香りと旨味が最大限に感じられるように、厳選した国産小麦とカナダ産小麦を独自の割合でブレンドしています。ぜひ焼きたてを頬張ってみてください。サクッとした食感と小麦の香ばしさにきっと驚くはずです。
金澤「焼」食パン 700円(税別)最後にご紹介するのは、石川県が誇る食材をふんだんに使った「わざなか『加賀棒茶』」。皇室に献上された実績をもつ「丸八製茶場」の加賀棒茶と大粒の能登大納言小豆が贅沢に練り込まれています。加賀棒茶の旨味と香りのなかに大納言小豆の甘みが溶け込む上品な一品です。
わざなか「加賀棒茶」
ミニサイズ(1/3本) 700円(税別)
1本(ギフトボックス付き) 2,000円 ※予約商品さまざまな食べ方で楽しみましょうわざなかの食パンはそれだけでももちろん美味しいのですが、さまざまな味わいが楽しめるようにとジャムも用意されています。生用とトースト用、それぞれ何もつけずに食べたり、バターやジャムを縫ってみたりして食べ比べれば楽しみが広がりますね。
お近くの方はぜひ立ち寄って、こだわりの素材と職人技によって生まれる石川らしい食パンを味わってみてくださいね。 

read-more
金澤食パン専門店「わざなか」
place
石川県野々市市本町6-12-70
phone
0762278555
opening-hour
11:00-18:00
すべて表示arrow
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら