もちもち、しっとり。住民から愛される名店の絶品パン


2019.06.27

Sheage

足立区で2番目に乗降客の多い駅、東武スカイツリーライン竹ノ塚駅。そこから徒歩10分ほどのところに、「市東(しとう)製作所」がオープンしたのは2018年6月のこと。それから1年余りを経て、すっかり住民に愛される店として定着したパン屋をご紹介します。どんな気分のときでも、食べたくなるパンがあるひと口にパン屋といっても、扱うパンの種類によってさまざま。天然酵母を使用するなどこだわりの製品を並べるパン屋、惣菜パンなどが豊富に揃う街のパン屋、チェーン展開するパン屋。食べたいパンの種類によって、選択肢はいろいろあります。この「市東製作所」は、あんぱんや焼きそばパンなど、いわゆる「街のパン屋」にありそうなパンが並ぶ一方で、バゲットやカンパーニュなど、自家製酵母を使用したハード系のパンのラインナップも豊富。お店を訪れれば、どんな気分の時でも食べたくなるパンとの出合いがあるお店です。お客様の要望に応えて甘いパン、ソフトなパンも豊富店主の市東英司さんは元々パンが好きで、「パーラー江古田」や「カヤバベーカリー」などでパン作りを学び、2018年に独立して竹ノ塚に「市東製作所」をオープンしました。
「僕が好きなのはハード系のパンなのですが、お子さん連れでいらっしゃるお客様には甘いあんぱんやクリームパンが欲しいという声もあって、柔らかいパンの種類も増やしています」(市東さん以下同)
実は、市東さんは甘いものが苦手。あんこもあまり得意ではないのだそう。
「だから、自分の好みに合わせて、甘みを抑えたあんぱんや、メロンパンも小ぶりでパン生地がギュッとつまったようなものを作っています。子どもはもちろん、大人にも好評ですよ」イートインを利用して、普段食べないようなパンにも挑戦!?毎日並ぶパンは40種類弱。店内にはイートインスペースもあって、好きなパンを買ってコ-ヒーや紅茶と共に味わうこともできます。
「柔らかいパンからハード系のパンまでいろいろあるので、お客様には自分の好みのものにこだわらず、イートインも利用して気軽に試していただきたいですね」
今日は、何を買って帰ろうかとパンを選んでいたら、「はちみつゴルゴンゾーラ」という赤ワインなどに合わせたくなるようなものを見つけました。
「僕自身はお酒はそれほど飲まないんですが、チーズを使ったパンなどビールやワインに合うパンも増えてきているので、今後はイートインでお酒の提供もはじめようと思ってます」もっちりと旨みの濃いパン美味しそうなパンに目移りしつつ、全部買うわけにもいかないので、イートインでは「チーズソーセージ」というパンをいただき、その他数種類購入して帰りました。自宅でいろいろ食べてみて思ったのは、ハード系のパンは特に味が濃いというか、旨みが強いということ。ひと口嚙むともっちりとした歯ごたえとともに、口の中に香りと旨みが広がり、余韻が長く残ります。
「今後は、クロワッサンをラインナップに加え、自家製粉もやっていきたいと思っています」
小麦を仕入れて自分で製粉すると、精米したての米が美味しいのと同様に、小麦粉にフレッシュさが加わってひと味違うパンになるのだそう。自宅の近くにこんなパン屋があったら、毎日クロワッサンの朝食をいただきに通ってしまいそうです。今後も楽しみなパン屋をまた1軒見つけてしまいました。 

read-more
市東製作所
place
東京都足立区伊興本町1-3-22
opening-hour
火-土 8:00-19:00日 8:00-14:0…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら