カメラ必須!今話題の「変化が楽しめるスイーツ」とは


2019.06.08

Sheage

重要文化財に指定されている道後温泉本館の向かいには、愛媛県のお土産の定番として親しまれるお菓子屋さん「一六本舗」があります。2Fのカフェでは、「変化が楽しめる」と話題のスイーツが振舞われています。どんなものなのか、早速見てみましょう。道後温泉本館を眺められるカフェ柚子が香るこしあんをスポンジで巻いた「一六タルト」などで知られる「一六本舗」。愛媛県内に29の店舗を構え、地元の人からも親しまれるお菓子屋さんです。道後温泉本館前店の2Fにはカフェ「一六茶寮」があり、大きな窓から道後温泉本館を眺めつつ、食事やお菓子を楽しむことができます。
今、ここで食べられる一風変わったスイーツが注目を集めています。
地元に伝わる伝説を表現したスイーツこちらがそのスイーツ「SHIRASAGI」です。かつて、白鷺(しらさぎ)が岩の間から流れ出るお湯で傷を癒し、そのお湯が道後温泉になったという伝説をモチーフにしています。
器の底に敷かれたふわりと軽い抹茶のエアクリーム。上には、白鷺をイメージしたお菓子の「道後夢菓子噺『白鷺』」が乗っています。その周りには、抹茶ガナッシュやスポンジ、白いメレンゲや淡いピンクのミルクチョコクリーム、アーモンドキャラメリゼを飾り、道後の自然あふれる庭園を表現。さらに器の上には、柚子の果皮を散らしたチョコレートの蓋が置かれています。これだけでも贅沢ですが、まだ終わりではありません。溶けて落ちるチョコレートに目が釘付けにSHIRASAGIがテーブルに置かれると、その場で温かいチョコレートソースをかけてもらえるのです。チョコレートソースが上に広がった蓋は、しばらく待つとほろっと溶け始め、スイーツの上にとろりと滴り落ちていきます。それが「変化を楽しめるスイーツ」の所以。
この瞬間を見逃さないようにじっと見つめる人や、スマートフォンで撮影する人も。チョコレートが落ちていく様子は、公式ホームページの動画でも見ることができるので、気になる方はチェックしてみてください。
チョコレートソースが、抹茶のクリームと絡むことで、より上品な味わいに。グラスの中には、さまざまな食感のスイーツが入っているので、一口食べるごとに異なる味を楽しんでください。道後温泉ゆかりの銘菓を味わおうカフェにはほかに、有名な一六タルトとおだんごがセットになったメニューもあります。1Fの広々とした店舗には、お土産にぴったりのお菓子がたくさん並んでいるので、道後温泉に訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。 

一六茶寮
place
愛媛県松山市道後湯之町20-17 一六本舗道後本館前店2F
phone
0899212116
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら