イチゴが零れ落ちそう!果物がたっぷりの贅沢フルーツパーラー


2019.03.28

Sheage

明治時代から奈良の山奥で果樹栽培を続ける老舗農家「堀内果実園」。そこで採れた果物を楽しめるフルーツパーラーが、奈良三条店に続いて大阪にもオープンしました。果物がこぼれ落ちそうなフルーツサンドや、飲み進めると味の変化が楽しめる濃厚なスムージーなど、果実園だからこそできる贅沢なメニューは必見です!老舗農家のフルーツパーラー2号店がオープン明治36年から奈良県・吉野の広大な山々で果樹栽培を行い、現在も6代目が農園を守る「堀内果実園」。樹齢100年以上の百年柿をはじめ、梅やブルーベリー・すももなどを栽培。噛むほどに果物の風味が広がるドライフルーツや、果実がゴロゴロと入ったジャムなど、完熟・無添加にこだわったオリジナル商品も生産しています。
そんな堀内果実園が「くだものを楽しむお店」をコンセプトとして提案するフルーツパーラーが大阪にも上陸。梅田駅前のグランフロント大阪内に3月14日(木)にオープンしました。みずみずしい果物がふんだんに使われたメニューがたくさん用意されています。
果物づくしのさまざまなメニューが盛りだくさん旬の果物を贅沢に使用して作られるフルーツサンド。春は、奈良県のブランドいちご「古都華(ことか)」と「あすかルビー」をたっぷり挟んだ、まるでケーキのようなスイーツサンドがお目見え。
スイーツとしてイメージされがちな果物を、おかずとしてアレンジしたメニューもあります。りんごやパイナップルの甘みと酸味が、ベーコン・チーズ・チリパウダーなどのコクや旨味と絡み合うデリサンドは癖になる味わい。
完熟果物の濃厚なスムージーの上には、クリームがたっぷり。飲み進めるとクリームが混ざり、味が変化していく新感覚のドリンクです。「いちご&柿ミルク」や「パイナップル&ブルーベリー」といった珍しいフレーバーも新鮮。大阪店限定メニューなので、立ち寄ったら必ず味わっておきたい一品です。
ここにしかない果物のメニューを楽しもうご紹介した以外にも、「いちごのティラミス」や「くだもの最中」などさまざまなメニューがあります。ほかに、ビタミンCが豊富な柿の葉のお茶は、茶葉やティーバッグでの販売もあり、お土産やギフトにもおすすめですよ。
果実園ならではのメニューが味わえるお店に、ぜひ足を運んでみてください。
 

堀内果実園 グランフロント大阪 うめきたセラー店
rating

4.5

8件の口コミ
place
大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪南館B1
phone
0664678553
opening-hour
10:00-22:00(L.O.21:30)

この記事を含むまとめ記事はこちら