【長野県のご当地スイーツ】スイーツなかのが選んだ逸品!長野県産リンゴで作る手のひらサイズのアップルパイ


2020.03.25

OZmall

◆【長野県のご当地スイーツ】スイーツなかのが選んだ逸品!長野県産リンゴで作る手のひらサイズのアップルパイ
(c)YOSHIMOTO KOGYO
年間500軒は食べ歩くというスイーツ芸人・スイーツなかのさんが都内のアンテナショップで探してきた、きらめくご当地の宝石!?のような絶品スイーツをご紹介。”スイーツなかのイチオシ”のご当地スイーツは一度は食べたいものばかり! 今回は「アップルパイ」をテーマに探し出してきた「銀座NAGANO(銀座)」の逸品、デザートランドりんごの木の「長野アップルパイ」をお届け。
ちょっとしたおやつにぴったり!
よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。
今回は、長野県「デザートランド りんごの木」が作る「長野アップルパイ」をご紹介します。皆さんは、リンゴの産地といえば、どこを浮かべるでしょう? やっぱり青森でしょう!という声が聞こえてきそうですが、それと同じくらいリンゴのイメージが強いところといえば、長野県ではないでしょうか。仕事柄、銀座に行く機会も多いのですが、銀座にある長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」では、リンゴを使ったお菓子をよく買ったりします。特に秋冬の季節になると、よりラインナップが増えて、リンゴを使ったスイーツを見ているだけでワクワクしてくきます。今回は、そんな長野県にあるお店が手がける、手のひらサイズのかわいいアップルパイをご紹介します。
地元の素材を大切に使って作られる「長野アップルパイ」は、ミニサイズのアップルパイです。このサイズ感、おやつどきに食べるのにはぴったりなのですが、探そうと思うと意外とないんです。生地からは発酵バターを使った香ばしさがしっかりと感じられ、ほどよい厚みやもっちり感もあり食べ応えしっかり。中に詰まったリンゴは長野県産の「ふじ」を使用し、甘く煮込んでいながらも、素材の持つ酸味も残してあるので、とっても食べやすい! 生地とリンゴが合わさったときの贅沢感が最高で、もう1個食べたい!と思えるような、やさしく温かい甘さがナイスィーツ!なにより、個装が嬉しい! 「明日、仕事ひと段落したら、休憩時間に食べよっかなー!」みたいなときにも、かばんに入れておいて食べるのもアリ!
長野県長野市のりんごの木さんは、1982年に誕生した洋菓子店で、県内にはたくさんの店舗を展開する人気の高いお店です。店名にも“りんご”を使うくらいなので、リンゴへの愛情はかなり強く、おいしいリンゴを使ったお菓子を安定して作るために、自社のリンゴ農園「りんごの木ファーム」を持っているのです。これは、後継者がいない耕作放棄地になりかけたリンゴ畑を引き継いだもの。特産地の印象が強い反面、厳しい現実もありますが、このような取り組みは素晴らしいことだと思います。リンゴ一つひとつに心を込めて作られたアップルパイは、ちょっとしたプチプレゼントにもおすすめです。
【関連記事】
・小熊がキュート!70年愛され続けるバター飴
・ふわり食感!縁起がいい伊勢バウムクーヘン
・復刻版の缶がかわいい!歴史ある長崎銘菓
・採れたてを満喫!栃木で旬イチゴを楽しむ旅
・温かな人と空間が待つ小江戸ゆるさんぽ
 

read-more
銀座NAGANO(ナガノ)
rating

4.0

19件の口コミ
place
東京都中央区銀座5-6-5 NOCO1・2・4F
phone
0362746015
opening-hour
10:30-20:00
すべて表示arrow
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら