春のあしかがフラワーパークで「ふじのはな物語 大藤まつり2020」開催!少し早めの3月上旬からはチューリップも見頃に


2020.03.12

OZmall

◆春のあしかがフラワーパークで「ふじのはな物語 大藤まつり2020」開催!少し早めの3月上旬からはチューリップも見頃に
栃木県足利市にある人気の観光スポット「あしかがフラワーパーク」。こちらでは、3月上旬~4月中旬にかけて20000球のチューリップが園内を春色に染め、4月中旬からGWにかけては世界で賞賛を集める“藤の花”が見頃を迎える。「ふじのはな物語 大藤まつり2020」期間中は、1000平方メートルもの大きさを誇るの大藤棚や、長さ80mの白藤のトンネルなど見所が沢山。頭上から藤の花が降ってくるような幻想的な世界を楽しんで。
まさに百花繚乱!天然記念物の“大藤棚”の雅な美しさにうっとり
毎年GW頃になると栃木県のあしかがフラワーパークでは180cmもの花房をつける大藤など、約10万平方メートルの敷地に350本以上の藤が花をつける。その美しさは、CNNより、あの人気映画『アバター』の“魂の木”のような幻想的な光景が広がると賞賛され、「2014年 世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選ばれたこともあるほどとか。
時期によって、薄紅色、紫色、白色、黄色の藤が咲き、約1カ月にわたって楽しめる。なかでも圧巻なのが天然記念物でもある紫色の「大長藤」。樹齢150年を越える広さ1000平方メートルの大きな藤で、頭上から降り注ぐように咲くその姿は、昼はもちろん、ライトアップされた夜もなんともいえずロマンティック。
また、長さ約80mにわたって続く白藤のトンネルもとっても幻想的。
漂ってくる甘い香りを吸い込みながら、幻想的な藤の美しさに酔いしれて。
つつじ園も満開!赤、ピンク、白…色とりどりのツツジと藤の競演に心奪われる
藤の花とともに、GWに見頃を迎えるのがツツジ。なんと、園内にはツツジが約5000株も植えられていて、早咲きから遅咲きまでいろいろあって長く楽しめるのがうれしい。
あふれんばかりの満開の藤と色とりどりのツツジの競演、クロフネツツジやクルメツツジなど、風景に溶け込むように咲くツツジはため息を誘う美しさ。この季節だけ見られる、色あざやかな花の風景を目に心に焼き付けて。
同パークオリジナル、藤の香りがするソフトクリームも!
小腹が空いたら食べたいのが、園内の売店で販売されているあしかがフラワーパークオリジナルの「藤ソフト」(400円)。見た目もとってもきれいな藤色で、頬張ると上品な藤の香りが感じられる。フォトジェニックなルックスも可愛くて思わずパチリ!
少し早めの3月上旬からは、チューリップや桜も見頃に
このほかにも、あしかがフラワーパークには春の花がいっぱい! 藤の花より一足早く、3月上旬~4月中旬にかけては20000球のチューリップが園内を春色に染めるほか、同時期には桜やユキヤナギも見頃に。
また、5月頃からはバラも咲き始めたりと、一年を通して表情を変えて楽しませてくれるから、季節が変わるたびにぜひ足を運んでみて。
【関連記事】
・色とりどりの花が咲く春のひたち海浜公園へ
・参加募集!多肉植物のかわいい寄せ植え作り
・80万本が咲き誇る佐倉チューリップフェスタ
・マロニエゲート銀座にグルメなど新店登場
・無料でチョコがもらえるキャンペーン実施中
 

read-more
あしかがフラワーパーク
rating

4.5

988件の口コミ
place
栃木県足利市迫間町607
phone
0284914939
opening-hour
9:00-18:00(季節変動あり)

この記事を含むまとめ記事はこちら