梅の花のパッケージが印象的な「green bean to bar CHOCOLATE」の新作【バレンタイン2020】


2020.01.10

OZmall

◆梅の花のパッケージが印象的な「green bean to bar CHOCOLATE」の新作【バレンタイン2020】
2018年に世界最大のチョコレートの祭典サロン・デュ・ショコラ パリの「Croqueurs de Chocolat」においてダークチョコレートバー部門にて最?位を受賞した、?本発「green bean to bar CHOCOLATE(グリーン ビーン トゥ バー チョコレート)」。“日本の四季を感じられるチョコレートづくり”をコンセプトに掲げる。2020年のバレンタインは満開の梅の花を彩ったコレクションが登場。愛らしい和紙のパッケージが女性の心をつかむ。
タブレット(2種類) 各1944円
ボディの表?に1枚ずつペイントを施した、アートでエッジーな印象のタブレット。今回の限定コレクションは、「YUZU(柚?)」と「MATCHA(抹茶)」を厳選。和の素材とカカオのマリアージュを堪能して。
?の中に含んだ瞬間、爽やかな柚?の?りが広がる「YUZU(柚?)」。マダガスカルカカオのフルーティな酸味と重なることでやさしい印象の後味に。熊本県産のオーガニック柚?の皮をチョコレート本体に練り込むことで、柚子の香りと食感が楽しめる特別な1枚。
コスタリカカカオのミルクチョコレートの?みとクリーミーなコク、抹茶のやさしい?りとほのかな苦味が調和し、優雅な余韻が残る「MATCHA(抹茶)」。カカオ?本来の?味を損なわないよう、抹茶は厳選した宇治の手摘みのものを、ミルクはドライでさらりとしたテクスチャーのスキムミルクを使?しているそう。
ボンボンショコラ 4個・8個入り 2160円・4320円
カカオ豆の焙煎やガナッシュ、プラリネ、コーティングまで全て?作業によって?まれた、ビーン トゥ バー製法によるボンボンショコラ。厚さは?どけと?感をベストに感じられる約10mm に設定。産地別のカカオ本来の?りを引き出したガナッシュに、?た?にも美しいコーティングを施している。
4個入りは、新フレーバーの「YUZU」と「MATCHA」 に、定番の「MILK」と「ALMOND」の2種を加えた詰め合わせ。8個入りはさらに、「SAKURA」、「JASMINE」、「ALMOND」、「NATIVO」を加えたアソート。
バレンタインデーには “梅の花”をモチーフにした和紙のパッケージを採用。満開の梅の花が、いち早く春の訪れを知らせてくれる。
生チョコレート 4個入り 2160円
green bean to bar CHOCOLATE が開発した、ビーン トゥ バー製法による?チョコレート。カカオ豆100%と砂糖を別々に粉砕することで、カカオ本来の?りがよりダイレクトに感じられる。濃厚でなめらかな舌触りのチョコレートは、コーヒーやワインなどと一緒にゆっくり堪能したい。
ボックスに、限定の梅の花モチーフの和紙を添えているのも魅力のひとつ。
2?は「梅??」とも呼ばれ、この季節の梅は?本?にとって特別な存在。満開の梅の花で彩られた限定コレクションは、恋?へ想いを伝えるものとしてだけでなく、季節のごあいさつのギフトにもぴったり。
【関連記事】
・東京初!ベルギー王室御用達の老舗チョコ店
・参加募集!カカオ豆からのチョコ作り体験
・展望台&日本初パティスリー!渋谷の新施設
・バレンタインチョコ図鑑、限定物も続々登場
・イタリア発老舗チョコ専門店が銀座に誕生
 

read-more

この記事を含むまとめ記事はこちら