ブルーボトルコーヒー 清澄白河がリニューアル!ワークショップや量り売りなど店舗限定の新たなコーヒー体験も


2019.11.24

OZmall

◆ブルーボトルコーヒー 清澄白河がリニューアル!ワークショップや量り売りなど店舗限定の新たなコーヒー体験も
2015年、日本初上陸を果たした清澄白河のブルーボトルコーヒーの1号店が、2019年10月にリニューアル。ハンドドリップやワークショップ、豆の量り売りなどここにしかない体験が揃う。さらに、店内席も拡大。大きな窓から光が射し込む気持ちいい空間で、コーヒーを味わう最高のひとときを過ごして。
清澄白河のブルーボトルコーヒーの1号店が2019年10月にリニューアル。ハンドドリップやラテアートなどのワークショップや、豆の量り売りといった店舗限定の新たなコーヒー体験を提案。コーヒーは、旬の豆の個性を味わえるようシングルオリジンを中心に揃え、バリスタによるフルサービスで楽しめる。季節の素材を使ったスイーツとともに、極上の1杯を味わおう。
オープンキッチンでは、ハンドドリップのほか、サイフォンやネルドリップなどさまざまな方法でコーヒーを抽出する。
豆の量り売りは、その季節の旬に合わせて7種ほど揃う。(100g972円から)
左/季節のタルト 990円、シングルオリジンコーヒー 550円~、右/「MAKOO」とのコラボショッピングバッグS 5280円
店舗限定の季節のタルトがこちら。常時6種以上並ぶシングルオリジンコーヒーともよく合う。
地域に根差したアイテムも新登場。店のすぐ近くにアトリエを構えるリサイクルレザーブランド「MAKOO」とのコラボショッピングバッグS。地元のつながりが店の個性に。
【関連記事】
・NEWoMan新宿で新潟・庄内のフードフェス
・カフェも!銀座の宗家 源 吉兆庵が移転
・伊勢丹新宿に新業態やリニューアルオープン
・展望台&日本初パティスリー!渋谷の新施設
・高島屋が開発!絶品ギルトフリースイーツ
 

read-more

この記事を含むまとめ記事はこちら