300万の電球!東京ドイツ村で80年代のゲームの世界に入り込める!?【クリスマスイルミネーション2019】


2019.11.16

OZmall

◆300万の電球!東京ドイツ村で80年代のゲームの世界に入り込める!?【クリスマスイルミネーション2019】
千葉・東京ドイツ村で、2019年11月1日(金)から2020年4月5日(日)まで「東京ドイツ村ウインターイルミネーション 2019-2020」を開催。今年は300万灯の電球でピコピコ賑わう光の世界にワクワク!
2019年は「ゲームセンター」がテーマ。80年代のゲームの世界観を表現
千葉にある、ドイツの風景をイメージしたテーマパーク「東京ドイツ村」はクリスマスが近づくと一変。夜になると、東京ドーム1個分の広さを持つ園内が、約300万球のきらめきに彩られた光の世界へ。
今年のテーマは「飛び出せ ピコピコ ドリームワールド Play smile」。ゲームの世界に迷い込んだかのような3Dイルミネーションや、ピコピコと80年代のゲーム音を連想させる音の演出も楽しめる。大人も子供もワクワク楽しんじゃおう!
虹のトンネル
光と音で楽しむショーや参加型のイルミネーションも
広大な敷地内には、音楽に合わせてイルミネーションが変化する「光と音のショー」をはじめ、全長約70mにも及ぶ「虹のトンネル」や、観覧車から見ると立体的に見える「3Dイルミネーション」など遊び心たっぷりの演出が盛りだくさん。
主要スポットを電動カートで巡れるので、寒さを気にせず美しいきらめきを心ゆくまで堪能して。 子ども心に還ってファンタジックな世界を満喫して。
チャイナランタンエリア
一度は見てみたい!細部まで美しい躍動感あふれるチャイナランタン
11月23日(土・祝)からは、昨年好評だったチャイナランタンエリアが再上陸。超巨大な中国伝統の色鮮やかなランタンイルミネーションが、湖畔に反射して映るさまは息をのむ美しさ。ファンタジーやゲームの世界観はひととき忘れ、中国の奥深い文化に触れてみて。
【関連記事】
・ジャンボツリーと出会うメルヘンなイルミ
・六本木や表参道でイルミ&Xmasディナー
・柔らかな光が魅力的。表参道でイルミ散歩
・TBSの美術チームが手がける鮮やかイルミ
・華やかで楽しい!ランドのクリスマスガイド
 

東京ドイツ村
place
千葉県袖ケ浦市永吉419
phone
0438605511
opening-hour
9:30-17:00(最終入園16:00)

この記事を含むまとめ記事はこちら