2019年の新品種を含む1000種7000株のバラが咲き誇る。千葉の京成バラ園で「オータムフェア2019」開催


2019.09.06

OZmall

◆2019年の新品種を含む1000種7000株のバラが咲き誇る。千葉の京成バラ園で「オータムフェア2019」開催
「花の女王」とも言われるバラ。5~6月、10~11月の年に2回見頃を迎え、秋は特に色鮮やかで香りが強いのが特徴。そんな秋バラを楽しめるバラ園のなかから、今回は千葉県八千代市にある「京成バラ園」をご紹介。秋には1000品種7000株のバラが咲き誇り、園内にロマンチックなバラの香りで満たされる。関東でも群を抜いたバラの名所で、バラの美しさを心ゆくまで堪能して。
世界のバラコンクール受賞暦のある「京成バラ園」の香り高い秋バラ
千葉県八千代市にある「京成バラ園」は、「日本にバラの文化を広めたい」との思いから1959年に設立。以降、世界のバラコンクールで数々の賞を受賞し、バラ文化の普及につとめてきた。約3万平方メートルある敷地に咲くのは、1600種類、1万株ものバラ。壮大なスケールのもと、品種によってさまざまな表情を見せるバラの深い世界観を知ることができる。
また、ローズガーデンを中心に、バラをコンセプトに品揃えした「ローズショップ」、自然素材にこだわったレストラン、バラを中心とした植物の苗などを購入できる「ガーデンセンター」など、バラ鑑賞以外の楽しみ方も豊富。
10月中旬から11月上旬には、約1000品種、7000株の秋バラが見頃を迎える。「プリンセス ヴェール」「フューチャーパフューム」「ティアーモ」など2019年秋の新品種も楽しめるから、バラ好きはぜひチェックを。
庭園の中央にはブライダルの第一人者「桂由美」さんプロデュースのガゼボがあり、ガゼボ内に設置された恋人の聖地のシンボル「エデンの鐘」の音が鳴り響くなか、結婚式を挙げることもできるそう。
園芸王子・三上真史さんトークショーやバラ専門家によるガイドツアーも「オータムフェア2019」
約1000品種7000株の秋バラが色深く香り豊かに咲き誇る10月11日(金)~11月17日(日)、京成バラ園では「オータムフェア2019~ときめく艶めくロイヤルローズガーデン~」を開催。NHK「趣味の園芸」ナビゲーターの三上真史さんのスペシャルトークショーや、専門家によるガイドツアー、インスタグラムフォトコンテスト、ガーデニングセミナーなど、さまざまな催しが予定されている。
10月19日(土)、20日(日)、26日(土)、27日(日)の4日間は朝7時開園だそう。早起きして、早朝の秋空に映えるバラを鑑賞しては。
さらに、11月2日(土)~11月4日(月・振休) はバラ柄・バラの形のアイテムを身につけて来園すると、入園料から大人100円引、小・中学生は無料となる、ローズファッション割も。
バラのロマンチックな香りに包まれながら、秋の1日を優雅に過ごして。
【関連記事】
・昭和記念公園でサマーフェスティバル開催
・汐留で「浜離宮大江戸文化芸術祭2019」
・辛旨食べ比べ!赤坂・虎ノ門で激辛フェス
・ご褒美に!ハーゲンダッツのホテルブッフェ
・宇宙カフェも併設!大人のプラネタリウム
 

read-more
京成バラ園
rating

4.0

148件の口コミ
place
千葉県八千代市大和田新田755
phone
0474590106
opening-hour
10:00-17:00(季節により変動あ…

この記事を含むまとめ記事はこちら