幻想的なクラゲゾーンやずぶ濡れイベントなど満載!横浜・八景島シーパラダイスの夏イベント「ナツパラ!」


2019.07.16

OZmall

◆幻想的なクラゲゾーンやずぶ濡れイベントなど満載!横浜・八景島シーパラダイスの夏イベント「ナツパラ!」
横浜・八景島シーパラダイスでは、朝から夜まで1日中楽しめる夏イベント「ナツパラ!」を2019年7月12日(金)から9月1日(日)まで開催する。幻想的な空間にリニューアルしたクラゲゾーンや、海の動物たちとずぶぬれ体験を楽しむイベント、華麗な花火ショーまで内容は盛りだくさん。さらに、ハワイのロコフードが楽しめるレストランや期間限定のかき氷店なども登場。「海・島・生きもの」を、最大限に楽しんで。
くらげりうむ 全体イメージ
五感を使ってクラゲのすべてを知る幻想的な新エリアが登場
日本最大級の水族館「アクアミュージアム」の3階・LABO9は、水族館の人気者「クラゲ」を主役にした幻想的な展示ゾーン「くらげりうむ」として、2019年7月12日(金)にリニューアルオープン。
この新エリアでは、海面に差し込む太陽の光がゆらいで見えるような照明の効果や、海中を歩いているようなイメージのBGMなどで、海の中をクラゲとともに漂っているような没入感を演出。ミズクラゲやタコクラゲ、ウリクラゲなどが展示された7基の大きな水槽には、6つのデジタル解説板も設置する。
さらに、クラゲの赤ちゃんである幼生の「ポリプ」や「エフィラ」、エサとなるプランクトンなどを顕微鏡を使った拡大展示で見せるコーナーもあり、五感で展示を体感できる工夫がいろいろ。フォトジェニックで神秘的なクラゲの世界を堪能しよう。
スプラッシュタイム
ずぶぬれ体験ではシロイルカが豪快に「涼」をプレゼント!
大人気のコンテンツ「海の動物たちのショー」といえば、イルカのダイナミックなジャンプやセイウチのコミカルなパフォーマンスが見どころだけど、夏限定のずぶ濡れバージョンも見逃せない。ショーの最中にイルカが前方のゲストへ大量の水を浴びせる演出はもちろん、「もっとずぶ濡れになりたい!」という人には、プールの浅瀬でイルカのジャンプを間近で見られる「水かぶりシート」(1日4~5回、約30分間)がおすすめ。
海の動物たちとふれあい体験ができる「ふれあいラグーン」では、シロイルカが豪快に水をかける「スプラッシュ」を毎日のように開催する。シロイルカは、他のイルカより唇の筋肉が発達しているので、水や空気を自由に吹き出せるのだとか。時には振りかぶって大量の水を噴射することもあるそう。海の生きものから、直接「涼」をプレゼントされるのも、水族館ならでは。
ケープペンギンの夕涼みパレード
ふれあい体験も楽しい!ペンギンたちの夕涼みパレード
ペタペタちょこちょこ歩く姿がかわいいペンギンたち。この夏は、ふれあいラグーン内に、ケープペンギンたちの故郷である南アフリカ・ケープタウンの浜辺をお散歩しているような新しい散歩コースが誕生。コースには冷たいシャワーが仕掛けられているから、ペンギンたちは水浴びをしながらゴキゲンなパレードを見せてくれるはず。パレードが終わった後は、ペンギンたちとのふれあいや記念撮影も楽しめる。
生きものの姿が見られる中で、この夏の注目を集めているのは、アクアミュージアム4階の「フォレストリウム」で展示されている2頭のレッサーパンダ。メスの「コキン」とオスの「アサヒ」は、別々の動物園からお見合いのためにやってきて6月から同居(同時展示)を開始。ちょっと初々しいカップルみたいな姿がかわいい。
花火シンフォニア
島ならではの巨大パノラマが壮観な「花火シンフォニア」
夜には、打ち上げられた花火が音楽とシンクロしながら夜空を彩るライブエンターテイメントショー「花火シンフォニア」が行われる。7月は13日(土)、14日(日)、20日(土)、27日(土)と土曜日を中心に、8月は3日(土)と10日(土)から17日(土)までの期間限定。色とりどりの花火と海に映って海面に揺らぐ花火が光を増幅させてきらめき、海に囲まれた島だからこそ見られる巨大なパノラマが美しい。
花火は島のいろんな場所で見られるけれど、座席でゆったり見るなら「ボードウォーク観覧席」(1名1500円)や仲間と一緒に見られる「ボードウォーク花火観覧席 ボックスシート」(1ボックス10000円)を。バーベキューを楽しみながら見られる「Seafood&Grill YAKIYA(シーフード&グリル ヤキヤ)」特別観覧席(大人1名4000円~)や、海上や展望台などアトラクションから見るのも一興。さまざまな角度から、好きなスタイルで楽しんで。
merengue「ハワイアンフルーツパンケーキ」1490円
ハワイアンレストランがオープン。期間限定かき氷専門店も
7月25日(木)には、ハワイアンメニューを扱うハワイアンカフェ&レストラン「merengue(メレンゲ)」が新規オープンする。こちらでは、ハワイのリゾートレストランのような明るい雰囲気の中で、多彩なロコフードがいただける。例えば、焼きたてふわふわのパンケーキにジューシーなフルーツと純生クリームをトッピングした「ハワイアンフルーツパンケーキ」(1490円)や、専用スパイスでマリネした鶏肉をたっぷりのBBQソースでいただく「ハワイアンバーベキューチキンプレート」(ハーフ1706円)など、嬉しいラインナップが揃う。
7月12日(金)から9月1日(日)までは、天然氷のかき氷専門店「氷菓処にじいろ」が期間限定オープン。日光でつくられた透明な天然氷をふわっふわに仕上げた逸品は、口どけも爽やか。
この夏は、シーパラで海の生きものとふれあって、ずぶぬれになりながら、美しい花火やおいしいフードを楽しむ充実のホリデーを。
【関連記事】
・名物グルメも!上野で台湾フェスティバル
・二子玉川でオードリー・ヘプバーン映画祭
・台湾カフェの春水堂が銀座プレイスに誕生
・展覧会&カフェ巡り。丸の内でアートな1日
・宇宙カフェも併設!大人のプラネタリウム
 

read-more
横浜・八景島シーパラダイス
place
神奈川県横浜市金沢区八景島
phone
0457888888
opening-hour
[水族館]10:00-18:00[土日]9:0…

この記事を含むまとめ記事はこちら