【水族館】7/12(金)には清涼感あふれるクラゲゾーンが誕生!水族館&アトラクションが楽しめる「横浜・八景島シーパラダイス」


2019.07.11

OZmall

◆【水族館】7/12(金)には清涼感あふれるクラゲゾーンが誕生!水族館&アトラクションが楽しめる「横浜・八景島シーパラダイス」
水族館とアトラクションがあり、「海・島・生きもの」が楽しめる「横浜・八景島シーパラダイス」。海の生きものたちのすべてがわかる「アクアミュージアム」、イルカたちを間近に感じられる「ドルフィン ファンタジー」、海育をコンセプトとした水族館「うみファーム」、海の生きものたちとふれあいが楽しめる「ふれあいラグーン」と、異なる4つの水族館はどれも魅力満載。ゆっくり時間をかけて存分に楽しもう。
清涼感あふれるクラゲゾーン誕生&夏イベント「ナツパラ!」開催
7月12日(金)~9月1日(日)には、夏イベント「ナツパラ!」を開催。「海の動物たちのショー」や「スプラッシュタイム」など、海の動物たちと一緒に夏の暑さを吹き飛ばすずぶ濡れイベントが盛りだくさん。ナイトタイムには、プロジェクションマッピングを使った幻想的なナイトショー「LIGHTIA」やオリジナルの花火ショー「花火シンフォニア」も行われる。クルーズやシーパラダイスタワーなどから花火が見られる特別花火観覧席(有料)もあるので、ロマンティックなデートも楽しめそう。
さらに、7月12日(金)、日本最大級の水族館「アクアミュージアム」3Fのクラゲゾーンが涼しげで幻想的な空間「くらげりうむ」としてリニューアルオープン。太陽光のゆらぎの照明や、海中を思わせるBGM、吹き抜けの「きらめくクラゲ」など、神秘的な世界が体験できる。
水槽の中を通るエスカレーター「アクアチューブ」
700種、12万点の生きものたちが生活する日本最大級の「アクアミュージアム」で海の仲間たちの魅力に触れる
横浜・八景島シーパラダイス、通称“シーパラ”のキャラクターフィッシュであるキイロハギがお出迎えしてくれる「アクアミュージアム」。ハイイロアザラシやセイウチ、ホッキョクグマの展示や、5万尾のイワシの大群泳を中心に大海原で繰り広げられる自然界の姿を再現した大水槽など、見どころがいっぱい。
水槽の中を通るエスカレーター「アクアチューブ」ではまるで水中散歩をしているような気分が味わえる。ほかにも、色鮮やかな魚たちやサンゴなどが見られる水槽や、深海の生きものが観察できる水槽、一番人気のイルカたちのパフォーマンスが楽しめる「アクアスタジアム」も見逃せない。
幻想的な空間「ドルフィン ファンタジー」でイルカたちの競演を体感しよう
「ドルフィン ファンタジー」の入口をくぐると、アーチ状の水槽の中からバンドウイルカがお出迎え。アーチの下に立つと、イルカたちが泳ぐ姿を海の中から見ているような不思議な感覚に。まるで海底散歩をしているような気分が味わえる。イルカショーとは違ったイルカのかわいさが楽しめるかも。
(左)「シロイルカの抱き枕」3900円/(右)「バンドウイルカの抱き枕」2500円
どれにしようか迷うほど!たくさんのショップからお気に入りを見つけるのも楽しい
“シーパラ”にはたくさんのショップがあり、各店で特色あるグッズやお菓子などが揃う。中でも「アクアミュージアム」の出口にある「アクアミュージアムショップ」には、海の動物のオリジナルグッズがいろいろ。一番人気のシロイルカの抱き枕(3900円)やバンドウイルカの抱き枕(2500円)は肌触りも最高と評判で、サイズによっては売り切れてしまうこともあるほど。お気に入りを連れて帰れば、水族館での思い出をより楽しいものにしてくれるはず。
1日中、目一杯楽しめる“シーパラ”でとっておきの思い出を作ろう。
【関連記事】
・幻想的なクラゲも!江の島を望む人気水族館
・楽しいショーを毎日開催!しながわ水族館
・天空のオアシスで空飛ぶペンギンを見よう
・宇宙カフェも併設!大人のプラネタリウム
・2019夏の旅行に!温泉地のおすすめ花火大会
 

read-more
横浜・八景島シーパラダイス
place
神奈川県横浜市金沢区八景島
phone
0457888888
opening-hour
[水族館]10:00-18:00[土日]9:0…

この記事を含むまとめ記事はこちら