【大人の工場見学】大人のお出かけにおすすめ!工場見学が楽しめるビール工場4選


2019.07.01

OZmall

◆【大人の工場見学】大人のお出かけにおすすめ!工場見学が楽しめるビール工場4選
大人だからこそ楽しむことができる、ビール工場の工場見学をまとめてご紹介。できたてのビールを試飲できたり、工場限定商品の購入ができたり、併設のレストランでビールと食事を楽しめたりと、どのビール工場も個性豊かで内容盛りだくさん。全制覇したら、ビール博士になれるかも!
サントリーの人気ビールを学んで飲める!「サントリー<天然水のビール工場>東京・武蔵野ブルワリー」
1963年、東京都府中市に開設されたサントリー初のビール工場「サントリー<天然水のビール工場>東京・武蔵野ブルワリー」。人気商品「ザ・プレミアム・モルツ」も、この工場で誕生したそう。
工場見学では、こだわりの原料の紹介から、製造工程見学、試飲まで、サントリーのビールづくりの全てを学ぶことができる。注ぎたての“神泡”の「ザ・プレミアム・モルツ」シリーズが楽しめるのも、工場見学ならでは。
サントリーのビールのおいしさの秘密を知りに、工場見学にお出かけしてみよう!
サントリー<天然水のビール工場>東京・武蔵野ブルワリー
【電話番号】0423609591(9:30~17:00)
【住所】〒183-8533東京都府中市矢崎町3-1
【営業時間】ガイドツアー:10:00~11:10、15:15~16:25
ザ・プレミアム・モルツ講座:毎週金・土・日・祝:11:00~12:30、14:30~16:00
【定休日】年末年始・工場休業日(臨時休業あり)
【交通アクセス】JR南武線・京王線「分倍河原駅」より無料シャトルバス約10分、
JR南武線・JR武蔵野線「府中本町駅」より徒歩15分
【料金】無料(※ツアーの内容によっては有料の場合あり)
嬉しい無料試飲や、自然に触れられるビオガーデンも! 「アサヒビール 神奈川工場」
おいしいビールを届けるため、さまざまな取り組みを行っているアサヒビール。「アサヒビール神奈川工場」では、ビールの原料や製造設備のほか、「うまい!ビールの注ぎ方」など、さまざまなことを学べる工場見学を実施中。
工場見学では、案内係がビールの製造工程やミニ知識を楽しく紹介してくれる。ビールの主原料である麦芽やホップに実際に触れた後は、ビールの仕込み、発酵、熟成、ろ過、ビン詰め、缶詰めの工程を実際に見学する。
併設のレストラン「アサヒビール園 神奈川・足柄店」では、足柄牛の焼肉や特選ラム肉ジンギスカン、肉や魚の炙り焼きなどを工場直送の生ビールと一緒に楽しめるので、見学の際にはこちらにもぜひ立ち寄ってみて。
アサヒビール神奈川工場
【電話番号】0465726270(受付時間9:00~17:00、休業日を除く)
【住所】〒250-0106 神奈川県南足柄市怒田1223
【営業時間】9:30~15:00で30分おきに見学ツアーを実施
【定休日】年末年始・指定休日あり
【交通アクセス】・小田急線「新松田駅」よりバスで約20分、タクシーで約15分
・大雄山線「大雄山駅」よりバスで約10分(土日祝のみ運行)、タクシーで約10分
・小田急線「開成駅」よりタクシーで約15分
・JR御殿場線「松田駅」または「山北駅」よりタクシーで約15分
【料金】無料
オーシャンビューとともに黒ラベルが飲める!「サッポロビール 千葉工場」
青い海と、豊かな緑に囲まれた「サッポロビール 千葉工場」では、サッポロビールの人気No.1商品「サッポロ生ビール黒ラベル」のこだわりと、おいしさの秘密を学ぶことができる。見学ツアーは、人気の「黒ラベルツアー」と「SHIRASE5002&黒ラベル コラボレーションツアー」のふたつ。
どちらのツアーも黒ラベルのパッケージング工程が見どころとなっており、缶やビンの容器に高速でビールが詰められ、それらが次々に自動で箱に詰められていく様子は、ビール工場ならではのダイナミックさを感じられるはず!
ツアーの最後にはできたての黒ラベルをゆったりと3杯までテイスティングできるほか、記念品のプレゼントも。全面ガラス張りのオーシャンビューで工場できたてのサッポロ生ビール黒ラベル、ヱビスビールなどの生ビールと人気のジンギスカン、バーベキュー料理が楽しめるレストラン「サッポロビール 千葉ビール園」も営業しているので、最後はぜひ立ち寄ってみて。
サッポロビール 千葉工場
【電話番号】0474373591
【住所】〒273-0014 千葉県船橋市高瀬町2番
【営業時間】10:30~17:00(※ツアー最終時間15:30、マリンサロンラストオーダー16:30)
【定休日】月曜(祝日の場合はその翌日)、年末年始、ほか臨時休館日あり
【交通アクセス】・JR総武本線「津田沼駅」より工場併設のビヤレストラン「千葉ビール園」行きシャトルバス約25分
・JR京葉線「南船橋駅」および「新習志野駅」より工場併設のビヤレストラン「千葉ビール園」行きシャトルバス約10分
・京成本線「船橋競馬場駅」より工場併設のビヤレストラン「千葉ビール園」行きシャトルバス約20分
【料金】無料(※ツアー参加料とマリンサロンでのテイスティングは有料)
一番搾りの飲み比べも!学んで飲んで満喫できる「キリンビール 横浜工場」
キリン一番搾りファンにまずおすすめなのは「一番搾りおいしさの秘密ツアー」。ビールの製造工程をプロジェクションマッピングで楽しめるほか、工場見学はもちろん、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べや麦芽の試食も可能。
工場見学の後は、「スプリングバレーブルワリー横浜」や「レストランビアポート」など、キリンビールが飲める工場隣接のレストランで、その味わいを改めて楽しむのもおすすめ!
横浜工場のショップでは、ビール工場限定のスナックやチョコレート、タンブラーや3Dメモなど、思わず欲しくなってしまうアイテムが満載なので、こちらのチェックもお忘れなく。
キリンビール 横浜工場
【電話番号】0455038250
【住所】〒230-8628 神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1
【営業時間】
一番搾りおいしさの秘密ツアー:10:00~、11:00~、12:00~、13:00~、14:00~、15:00~、16:00~
自然の恵みを感じるツアー:3月~6月、9月~10月 毎週日曜日(第3日曜日を除く)11:20~
【定休日】月曜(祝日の場合は翌日休)、年末年始
【交通アクセス】京浜急行線「生麦駅」より徒歩約10分
【料金】無料
【関連記事】
・女友達と一緒に楽しめる工場見学3選
・恋人とのデートにもおすすめ!工場見学3選
・まるでテーマパーク!?な工場見学3選
・参加無料!GWは虎ノ門ヒルズで謎解きゲーム
・大切な人と行きたい、都内のフラワーカフェ
 

read-more
サッポロビール千葉工場
place
千葉県船橋市高瀬町2
phone
0474373511
no image
キリンビール横浜工場
place
神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1
phone
0455038250
opening-hour
[一番搾りうまさの秘密体験ツ…
サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー
place
東京都府中市矢崎町3-1
phone
0423609591
opening-hour
ホームページをご確認ください…
アサヒビール神奈川工場
place
神奈川県南足柄市怒田1223
phone
0465726270
opening-hour
[見学スタート時間]9:30-15:00…

この記事を含むまとめ記事はこちら