【7月23日(火)花火】華麗に進化し続ける古き良き下町の花火「葛飾納涼花火大会」


2019.06.28

OZmall

◆【7月23日(火)花火】華麗に進化し続ける古き良き下町の花火「葛飾納涼花火大会」
観光名所・柴又で行われる「葛飾納涼花火大会」は、下町情緒あふれる街並みと花火がどちらも楽しめる。日本最古の和火や、映画『男はつらいよ』公開50周年を記念するステージなど、葛飾ならではの充実したプログラム内容で魅了。2019年は約13000発を6つのステージにわけ、葛飾の夜を華麗に彩る。
6つのステージで構成された下町人情あふれる花火ショー
銀の光が天空へとのぼる昇銀龍と富士山ナイアガラがオープニングを飾り、映画『男はつらいよ』公開50周年を記念するステージや、都内初の重要文化的景観に選定された柴又の風景を和火で表現・祝福するステージ、音楽と花火が融合するデジタルスターマインのステージなどの内容が盛りだくさん。グランドフィナーレでは大空中ナイアガラが夜空を銀色に染めあげ、圧巻の光景で観客を魅了する。
【花火をキレイに観るベストスポットは?】大迫力の光景を間近で!江戸川河川敷に設けた有料指定席が人気
柴又駅より徒歩約10分、金町駅より徒歩約20分、新柴又駅からは徒歩約15分の江戸川河川敷。観客席と打ち上げ場所が近いため迫力満点で、都内でも屈指の臨場感が味わえる。
この河川敷には有料指定席が設けられ、ビニールシートのマス席(2人マス席・4人マス席・グループマス席 ※最大6人まで)が、事前にチケット販売サイトで購入可能。
場所取り不要でゆっくり鑑賞できる有料指定席は毎年人気なので、早めに公式サイトをチェックしておこう。
【関連記事】
・2019夏の旅行に!温泉地のおすすめ花火大会
・最大2万株!シーパラで「あじさい祭」開催
・名物グルメも!上野で台湾フェスティバル
・渋谷で新旧のガラスびんの魅力を楽しむ展示
・展覧会&カフェ巡り。丸の内でアートな1日
 

柴又野球場
place
東京都葛飾区柴又7-17-13先
phone
0336917111
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら