世界にひとつのラッシュの体験型ショッピングスポットが誕生!新宿にアジア最大規模の旗艦店「LUSH 新宿店」がオープン


2019.06.14

OZmall

◆世界にひとつのラッシュの体験型ショッピングスポットが誕生!新宿にアジア最大規模の旗艦店「LUSH 新宿店」がオープン
英国を拠点に世界48の国と地域で展開する化粧品ブランド「LUSH(ラッシュ)」は、2019年6月1日(土)にアジア最大規模の旗艦店「LUSH 新宿店」をオープン。こちらは、最新のデジタルツールを駆使したさまざまな体験や、その日の気分に合わせたショッピングができる、世界で唯一のラッシュを代表するショップ。ここにしかない限定アイテムや、ここでしかできないショッピング体験を、いち早く先どりしよう。
買い物が楽しくなる!アプリで商品をスキャンして購入も
全4フロアの「LUSH 新宿店」は、デジタルツールを取り入れた新しいショッピング体験ができる、世界にひとつのラッシュの体験型ショッピングスポット。
例えば1階のウインドウに置かれたディスプレイでは、自社開発した「Lush Labs(ラッシュ ラボ)アプリ」で、プラスチックゴミの削減を目的にパッケージを脱ぎ捨てた商品を路上からもスキャンできて、商品の詳細情報を見ることができる。さらに、閉店後だって商品情報の閲覧や購入が24時間できるというのも画期的。
このほかにも、店内では合計27台のデジタルスクリーンや、動画コンテンツが見られる5台のプロジェクションを置き、文字情報に頼らないアイコンやピクトグラム(絵文字)などを多用。言葉の壁を越えた視覚的に分かりやすいショッピング空間になっている。
100%国内生産にこだわった生命力あふれる旬の花を販売
世界最大規模のショップである英国・リバプール店に続いて2店目の展開となる、1階の花の販売サービス「Lush Flowers(ラッシュフラワー)」にも注目を。
ラッシュは1995年にイギリスで創業以来、フレッシュな花から抽出したエッセンシャルオイルなど、自然の恵みを使ってフレッシュハンドメイドコスメを世に送り出してきたブランド。それだけに、花を通して国内生産の重要性や、オーガニックの意味や背景にあるさまざまなストーリーを知ってもらうことを大切にしている。ここでも、季節ごとの旬に合わせた100%国内調達の花を年間で約100種類も揃えて、暮らしに彩りと豊かさをもたらす「花のある生活」を提案する。
また、福島県いわき市のオーガニック綿花や、種から育てたアボカドの苗なども、ラッシュでおなじみの100%リサイクルの容器に入れて販売。意識の高いグリーンライフを目指すなら、こんなアイテムから始めたい。
限定アイテムが162種も登場!スキンケアするメイクアップ
1~2階のメイクアップエリアでは、「LUSH 新宿店」の限定アイテムとして合計162種類を販売。
ラッシュの新メイクアップアイテムでは、保湿を目的にココナツオイルを45%含んでいたり、肌トラブルを抑えるアロエベラをファンデーションに使ったりと、スキンケアを考えたこだわりの商品開発がポイント。
こだわりは商品作りだけでなく、プラスチックを使用しないパッケージなどで、環境にも配慮。これからのコスメの新しい形を実践している。
さらに、年齢や性別、国籍といったカテゴリーごとに区別するのではなく、多種多様な人々が楽しめるカラーメイクアップとして、肌の色の違いや仕上がりの質感など、それぞれのニーズに応えられるラインナップが揃う。新宿店とオンライン限定のソリッドファンデーションは、カラーだけでも全40色というから、きっと自分だけの肌にあった色味が見つかるはず。
限定のパフュームと調香師がインスパイアされた書籍も販売
2階にあるパフュームの空間は、英国・リバプール店で2019年3月に初登場した「The Perfume Library by Lush(パフュームライブラリーバイ ラッシュ)」に続いて世界2店舗の展開。限定のパフュームとともに、ラッシュの調香師たちが香りのインスピレーションを得てきた書籍を紹介するという、香りと本の融合した空間になっている。
香りについては、定番の「ゴリラパフューム」に加えて、これまでに販売された合計29種類のパフュームを販売。年代順に並べられたパフュームを見ることで、ラッシュの歩んできた調香の歴史が一覧できる。
特徴的なのは、調香師たちが香りを生み出す参考にしたエッセンシャルオイルやアロマテラピーなどに関する本のコレクション。彼らがインスパイアされた書籍は、実際に販売も行う。香りだけでなく、その成り立ちに関わった本も知ることができるなんて、ちょっと興味深い。
デジタルとの融合でほかにはないショッピング体験ができる
ソープやバスグッズが並ぶ3階には、バスアート(入浴剤のバスボムが解ける様子)からインスピレーションを得たジェネレーティブアート(プログラミングで創るアート)を使った、参加型のインタラクティブなコンテンツが用意されている。
利用者が「なりたいムード」を選ぶと、そのムード別に設定された色やアートと、センサーが捉えた人の位置や動きが連動して、壁の上に幻想的な映像が投影されるシステム。また、店内で豊かな香りや、照明と音楽、色などのさまざまなムードを感じながら回遊するにつれて、自分の周囲のムードも変化していくような、ほかにはないショッピング体験ができるはず。
今後は4階部分にスパトリートメントがオープン(2019年夏予定)するほか、商品作りを実演するライブやワークショップなど、さまざまなイベントも予定。おしゃれさんはもちろん、新しいことが好きな人も環境意識の高い人も、ここへ来れば唯一無二のショッピングを楽しめそう。
【関連記事】
・オードリーも!グランスタがリニューアル
・ホテルや食堂も!無印良品 銀座がオープン
・日比谷で観劇の祭典Hibiya Festivalを開催
・展覧会&カフェ巡り。丸の内でアートな1日
・参加無料!GWは虎ノ門ヒルズで謎解きゲーム
 

read-more
LUSH(ラッシュ) 新宿店
place
東京都新宿区新宿3-26-6 FFビル
phone
0333561477
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら