まるで名古屋名物・小倉トースト!菓匠 花桔梗 本店の「あんトースト最中」_OZmagazine TRIP


2019.06.09

OZmall

◆まるで名古屋名物・小倉トースト!菓匠 花桔梗 本店の「あんトースト最中」_OZmagazine TRIP
写真/あんトースト最中1201円(店舗販売のみ)
OZmagazine TRIPで好評連載中の「さて、おやつにしますか」は、文筆家・甲斐みのりさんが教える、旅の目的になるおやつの話。第1回目は愛知県・名古屋市にある、現代的なアレンジ和菓子が注目を集める老舗和菓子店・花桔梗(はなききょう)の「あんトースト最中」を紹介。
和菓子好き、パン好き、喫茶好き、みんなにっこり
小倉トーストや、サービス付きのモーニングなど、喫茶店文化で知られる名古屋は、江戸時代から茶の湯文化が盛んな土地。畑仕事の合間にも、近所同士、田の端に集い、抹茶を飲んでいたという。
茶処は菓子処。そんなわけで名古屋には、数百年続く老舗の和菓子屋が多い。「花桔梗」もそのひとつ。約400年前に、尾張藩藩主・徳川義直から御用菓子司に任じられた「桔梗屋」がルーツで、現代的な意匠と素材で和菓子を作る。
インテリア設計事務所・トネリコが手がけた瑞穂区の、ギャラリーのような「花桔梗 本店」を訪ねたいと思いながら、名古屋旅の帰りに「ジェイアール名古屋タカシマヤ店」へと立ち寄った。そこで出会ったのが「あんトースト最中」。食パン型で厚みのある2色の香ばしい最中皮に、コクのある2種類の粒あんをのせて味わう。趣味の喫茶店巡りを名古屋ですると、コーヒーに小倉トーストを合わせたくなる、あん好きパン好きには心嬉しい取り合わせ。自分用とおみやげ用に求めて、ほくほく。名古屋帰りの翌朝は、コーヒーとともに、和菓子で朝食をいただきます!
【関連記事】
・かわいい猫にほっこり。岐阜の猫まんじゅう
・おいしくてかわいい!岡山銘菓・きびだんご
・漢方で体を整える。富山に伝わる薬膳ランチ
・試飲OK!酒どころ北陸唯一のウイスキーとは
・食の宝庫!神話と伝統の町・高千穂を巡る旅
 

read-more
菓匠 花桔梗
rating

4.0

12件の口コミ
place
愛知県名古屋市瑞穂区汐路町1-20
phone
0528411150
opening-hour
月-日 カフェ:10:00-19:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら