頭上から降るように咲く“大藤棚”は圧巻!花の楽園、あしかがフラワーパークで「ふじのはな物語 大藤まつり2019」がスタート


2019.04.30

OZmall

◆頭上から降るように咲く“大藤棚”は圧巻!花の楽園、あしかがフラワーパークで「ふじのはな物語 大藤まつり2019」がスタート
栃木県足利市にある人気の観光スポット「あしかがフラワーパーク」。こちらでは、世界で賞賛を集める“藤の花”が、4月中旬からGWにかけて見頃を迎える。それに合わせて、約1カ月にわたり開催されるイベント「ふじのはな物語」では、1000平方メートルもの大きさを誇るの大藤棚や、長さ80mの白藤のトンネルなど見所がたくさん。頭上から藤の花が降ってくるような幻想的な世界を心ゆくまで楽しんで。
まさに百花繚乱!天然記念物の“大藤棚”の雅な美しさにうっとり
毎年GW頃になると栃木県のあしかがフラワーパークでは大藤棚や、170cmもの花房をもつ藤など、約9万4000平方メートルの敷地に350本以上の藤が花をつける。その美しさは、CNNより、あの人気映画『アバター』の“魂の木”のような幻想的な光景が広がると賞賛され、「2014年 世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選ばれたこともあるほどとか。
時期によって、薄紅色、紫色、白色、黄色の藤が咲き、約1カ月にわたって楽しめる。なかでも圧巻なのが天然記念物でもある紫色の「大長藤」。樹齢150年におよぶ広さ1000平方メートルの大きな藤で、頭上から降り注ぐように咲くその姿は、昼はもちろん、ライトアップされた夜もなんともいえずロマンティック。
また、長さ約80mにわたって続く白藤のトンネルもとっても幻想的。
漂ってくる甘い香りを吸い込みながら、幻想的な藤の美しさに酔いしれて。
つつじ園も満開!赤、ピンク、白…色とりどりのツツジと藤の競演に心奪われる
藤の花とともに、GWに見頃を迎えるのがツツジ。なんと、園内にはツツジが約5000株も植えられていて、早咲きから遅咲きまでいろいろあって長く楽しめるのがうれしい。
あふれんばかりの満開の藤と色とりどりのツツジの競演、クロフネツツジやクルメツツジなど、風景に溶け込むように咲くツツジはため息を誘う美しさ。この季節だけ見られる、色あざやかな花の風景を目に心に焼き付けて。
同パークオリジナル、藤の香りがするソフトクリームも!
小腹が空いたら食べたいのが、園内の売店で販売されているあしかがフラワーパークオリジナルの「藤ソフト」(400円)。見た目もとってもきれいな藤色で、頬張ると上品な藤の香りが感じられる。フォトジェニックなルックスも可愛くて思わずパチリ!
【関連記事】
・ネモフィラも。GWは花盛りの昭和記念公園へ
・GWが見ごろ!ひたち海浜公園のネモフィラへ
・キットカット×日本酒!?六本木でイべント
・都会のオアシスでおしゃれな手ぶらBBQを
・話題の飯能で!GWは子供と穴場スポット巡り
 

read-more
あしかがフラワーパーク
rating

4.5

988件の口コミ
place
栃木県足利市迫間町607
phone
0284914939
opening-hour
9:00-18:00(季節変動あり)

この記事を含むまとめ記事はこちら