【ランチブッフェ実食レポ】「グランドプリンスホテル新高輪」で、極上ローストビーフや華やかジェラートに舌鼓


2019.04.10

OZmall

◆【ランチブッフェ実食レポ】「グランドプリンスホテル新高輪」で、極上ローストビーフや華やかジェラートに舌鼓
「グランドプリンスホテル新高輪」の「SLOPE SIDE DINER ZAKURO(スロープサイドダイナー ザクロ)」は、まるでコースのようなワンランク上のブッフェを楽しめるレストラン。目の前でカッティングするローストビーフや、職人が握る寿司など、シェフによるパフォーマンスが充実しています。さらにケースに並ぶフォトジェニックなジェラートも。丁寧なおもてなしも魅力的なランチブッフェを、オズモール編集部が体験してきました。
「SLOPE SIDE DINER ZAKURO」は、モダンでスタイリッシュな空間が大人好みで、明るく丁寧な接客も素敵なんです。
さらにこちらのレストランは、目の前でグリルしているところが楽しめる「シズルキッチン」、シェフのパフォーマンスに魅了される「セイボリーキッチン」、パティシエがジェラートを盛り付けてくれる「ペイストリーキッチン」とライブ感あふれるコーナーが設けられているのも特徴。
「アートアペタイザー」は、その名にふさわしくおしゃれで華やか。「タコのバジル風味ソース」や「フォアグラのフラン」など、お酒と合わせたくなる上質な前菜が並びます。ひとつひとつ手が込んでいるから、どれを食べようか迷ってしまうほど。
またその後ろには、サラダバー「ベジタブルガーデン」が。彩り豊かな野菜の中には、カリフラワーの仲間で珍しいロマネスコも。この日は、トロピカルドレッシング、バジル&チーズドレッシング、ノンオイルドレッシング梅尽くし、珍しい3種のドレッシングが用意されていました。
続いてこだわりのカレーをいただきます。牛肉とクコの実入り黒カレーは、甘さの中にスパイシーさもある大人味で編集部のお気に入り。ゴロッと大きめにカットされたお肉が入っていて、とろけるような食感もたまりません。そのほか、海老とカリフラワー入り赤カレーや季節のカレーも。
また煮込み料理は「ブイヤベース ザクロ風」や「ビーフシチュー」など、常時4種類を楽しむことができます。
ローストビーフはシェフがその場でカッティングしてくれるスタイル。低温でじっくり丁寧に火入れしているから、その食感は驚くほどジューシーで柔らか。赤身肉の旨味が口いっぱいに広がり、また食べたい!と思わせてくれるんです。
粒、グリーン、フレンチ、バイオレットと4種のマスタードも用意。日本ではあまり見ることない、ぶどうを使ったバイオレットマスタードをつけていただくと、ローストビーフに華やかな甘みがプラスされますよ。
お肉に満たされたら、お寿司をぱくり。こちらはホテルの寿司職人が手掛ける本格的な逸品。好きなものをオーダーでき、その場で握ってくれるのが嬉しいポイントです。
食欲をかき立てる香りに誘われる、網焼き。厚切りベーコンやホタテ、エビをシェフが目の前で焼いて提供してくれる、珍しいコーナーです。
ペイストリーキッチンでは、色鮮やかで美しすぎるジェラートコーナーも。オーダーをすれば、スタッフの方が丁寧にカップに盛り付けてくれます。バニラやチョコレート、フルーツを使った12種のジェラートがあり、その中でもおすすめなのがフルーティで濃厚な味わいのマンゴーパッション。そのほか、さっぱりとしたキウイフルーツ、甘酸っぱいフランボワーズ・シャーベットなども。
また、ジェラート以外にも、季節のデザートやゼリー、焼き菓子など、バラエティ豊かなスイーツがずらり。編集部いちおしのデザートは、ショートケーキ。しっとりなめらかなスポンジ生地と軽やかな生クリーム、そしていちごの酸味が絶妙なおいしさを引き立てます。
ラグジュアリーな大人の空間で、ライブ感あふれるブッフェを満喫してみてはいかがですか。
【関連記事】
・グランドニッコーのブッフェ実食レポート
・コスパも抜群!美食ホテルのランチブッフェ
・あのケーキも!ニューオータニのブッフェ
・大切な人と行きたい、都内のフラワーカフェ
・桜を望む穴場ホテルでいちご&抹茶ブッフェ
 

read-more
Buffet&Cafe SLOPE SIDE DINER ZAKURO(ブッフェアンドカフェ スロープサイドダイナーザクロ)
rating

3.5

43件の口コミ
place
東京都港区高輪3-13-1 グランドプリンスホテル新高輪・レストラン棟B1F
phone
0334471139
opening-hour
[朝食]6:30-10:00[ランチ]11:3…

この記事を含むまとめ記事はこちら