【9月1日(土)花火】若手煙火師が長野・諏訪湖に集結!芸術的な新作花火や水上スターマインも見どころ「全国新作花火競技大会」


2018.08.30

OZmall

◆【9月1日(土)花火】若手煙火師が長野・諏訪湖に集結!芸術的な新作花火や水上スターマインも見どころ「全国新作花火競技大会」
長野県の諏訪湖にて開催される花火大会。若手職人の登竜門としても知られ、全国から新進気鋭の煙火師が集い、斬新なアイデアと独創的な技術で創作した新作花火を披露する。今年は煙火師25名の作品が音楽やナレーションとともに打ち上がり、華やかなスターマインを挟みながら諏訪の夜空を彩っていく。また、本大会でしか見られない水上スターマインにも注目を。
諏訪湖を舞台に繰り広げる若手煙火師の饗宴。フィナーレを飾る大迫力の水上スターマインは圧巻
全国精鋭の煙火師25名が、この日のために創作した自慢の新作花火を披露。「それがこの街ハロウィンタウン」「立体ワイングラス」「宇宙 ~未知なる世界~」など、タイトルを見るだけでワクワクするような作品が揃い、斬新なアイデアと独創的な技術によって生まれたアーティスティックな花火で楽しませてくれる。
華やかなスターマインを挟みながら、各テーマに沿った新作花火を打ち上げ、終演が近付くと豪華絢爛100連発の花火が咲き乱れる。そして、光と音楽がシンクロしたミュージックスターマインを経てフィナーレへ。
フィナーレを飾る水上スターマインは特に見どころ。諏訪湖に浮かぶ初島を中心とし、初島を間に挟むような形で、まずは左右両側の湖上にてそれぞれ水上花火が連続で打ち上がる。やがて、ふたつの半円の花火が徐々に距離を縮めていき、中心に位置する初島をも飲み込む勢いでひとつの大輪へと繋がっていく光景は圧倒的な素晴らしさ。ここでしか見られない水上スターマインを生の迫力とともに体感して。
【花火をキレイに観るベストスポットは?】諏訪湖の周囲一帯が観覧エリア。ゆっくり過ごせる場所を確保して
諏訪湖に浮かぶ初島付近から打ち上げるので、諏訪湖の周囲であれば比較的どこからでも見やすく、視界をさえぎる建物も少ないため広範囲から観覧可能。上諏訪駅から観覧場所の諏訪湖畔までは通常徒歩で10分ほどの距離だけど、花火大会当日の周辺道路は大渋滞、会場付近も午後から歩行者天国となり混み合うので、予想以上に時間がかかってしまうことも。なるべく時間に余裕をもって出かけて、早めにベストな場所を確保しておこう。
観覧エリアの諏訪湖畔周辺には屋台も登場するので、グルメを楽しみながらお祭り気分が満喫できる。また、当日はエルシーブイFM(76.9MHz)にて「新作はなびラジオ」が放送されるので、花火の打ち上げ情報から会場の混雑状況までをリアルタイムに把握できるのも嬉しい。
こちらの有料会場もおすすめ!水上に映える花火をキレイに見るなら事前に観覧席を購入しておこう
諏訪湖の水面に映える花火の美しさも本大会ならではの醍醐味。それをあわせて楽しむなら有料の観覧席が断然おすすめ。プレイガイドにて石彫公園有料自由席、ペアいす席、スペシャル席などが購入できるので、気になる人は早めにチェックして。
また、石彫公園有料自由席のみ、当日9時30分から諏訪市諏訪湖畔券売所(ホテル鷺乃湯前諏訪湖側)でも販売されるとのこと。ただし事前に完売した場合、当日販売は行われないので要注意。
【関連記事】
・水面に映る花火に感動!海辺の花火大会5選
・打ち上げ数が1万発以上!東京7大花火大会
・音楽花火にときめく東京近郊の花火大会6選
・東京から行きやすい、満天の星に会える宿
・来店者に全プレも!高知でおいしい朝ごはん
 

read-more
諏訪湖
place
長野県岡谷市、諏訪市、下諏訪町

この記事を含むまとめ記事はこちら