【動物園】立ち上がるレッサーパンダ風太くんも!自然いっぱいの「千葉市動物公園」


2018.08.22

OZmall

◆【動物園】立ち上がるレッサーパンダ風太くんも!自然いっぱいの「千葉市動物公園」
立ち上がるレッサーパンダとして有名になった風太くんがいる動物園、「千葉市動物公園」。千葉県唯一の展示となるライオンや、園内どこにいても聞こえるほどの大きな鳴き声が特徴のフクロテナガザルなど、大小さまざまな動物たちがお出迎え。ヤギやヒツジ、アルパカなどとのふれあいが楽しめるエリアもあるから、子連れのお出かけにもぴったり
15歳になった風太くんに会いに行こう。千葉県唯一のライオン展示も
立ち上がるレッサーパンダとして人気者となった風太くんも、2018年現在ではなんと15歳。ひ孫もいるおじいちゃんだけれど、まだまだ元気で食事の時に立ち上がることもあるのだとか。手で笹を持ってモグモグ食べる姿は愛らしく、時間を忘れて見入ってしまいそう。
さらに県内唯一のライオン展示となる「京葉学院ライオン校」では、ガラス越しにライオンの迫力を間近に感じることができる。たまにガラスに近づいてじゃれて遊んでくれることもあるから、お楽しみに。
(左)フクロテナガザル/(右)ハシビロコウ
フクロテナガザルなど、多くの珍しいサルたちに出会える「モンキーゾーン」
のど袋を膨らませて大きな声で鳴き叫ぶフクロテナガザル(園内のどこからでも鳴き声が聞こえるのだとか)や、絶滅危惧種に指定されていて千葉市動物公園でしか出会えないカオムラサキラングールなど、多くの珍しいサルたちに出会えるモンキーゾーンは必見。
ほかにもじーっと動かない鳥として有名なハシビロコウも、関東ではここを含めて2園しか出会えないレア動物。こちらもじーっと観察していたら、動く瞬間が見られるかも。
アルパカやヒツジへのえさやり体験も。思わずふれたくなるカワイイ動物がたくさん
「ふれあい動物の里」と「子ども動物園」の2つのふれあいエリアがあり、ヤギやヒツジ、アルパカなどさまざまな動物とのふれあいを楽しむことができる。どの動物も人懐っこいから、普段動物に慣れていない子どもでも安心。
レッサーパンダやビーバーといった小動物から、ライオンやゾウ、キリンなどの大きな動物まで、さまざまな動物に出会える「千葉市動物公園」。モノレールの駅からも1分と、アクセスも抜群だから、ファミリーやデートでぜひ訪れてみて。
【関連記事】
・夏の思い出に!夜の動物園をのぞいてみよう
・立体投影に引き込まれる「シンラドーム」へ
・イルカ・アシカなど多彩なショーを毎日開催
・東京から行きやすい、満天の星に会える宿
・Mellow Flow
 

read-more
千葉市動物公園
place
千葉県千葉市若葉区源町280
phone
0432521111
opening-hour
9:30-16:30(最終入園16:00)

この記事を含むまとめ記事はこちら