スヌーピーの仲間たちの世界観に浸れる、「PEANUTS HOTEL」が神戸に誕生


2018.07.19

OZmall

◆スヌーピーの仲間たちの世界観に浸れる、「PEANUTS HOTEL」が神戸に誕生
海のそばのおうちをイメージしたRoom 52
スヌーピー好きはもちろん、子供から大人までワクワクした気持ちで滞在できるデザインホテル「PEANUTS HOTEL(ピーナッツ ホテル)」が、2018年8月1日(水)に神戸にオープンする。チャーリー・ブラウンが主役のコミック『ピーナッツ』に登場する個性的なキャラクターをテーマにしており、アメニティから食事、部屋まで館内のあちこちで仲間たちに出会える。予約受付は7月20日(金)13時から公式サイトで始まるから見逃さないで。
◆神戸観光の思い出に訪れたい、ピーナッツのキャラクターを随所にデザインしたホテル
「PEANUTS HOTEL」はレトロな街並みが残る神戸に位置し、三宮駅から徒歩圏内で観光の拠点としてもおすすめ。異人館や旧居留地が残る神戸の街並みは異国情緒にあふれ、『ピーナッツ』原作者のチャールズ M. シュルツがアトリエを構えたアメリカ・サンタローザの街や、自然に包まれるカリフォルニアの風景とどこか同じ空気感を持っているのだそう。
コミック内でスヌーピーが放つ、「お客さんが心地よく思ってくれる家をもてるって素敵だね。(IT’S NICE TO HAVE A HOME WHERE YOUR GUESTS FEEL COMFORTABLE.)」をコンセプトに、館内には、日本のモダニズムにミッドセンチュリー調のインテリアを融合させた懐かしくユーモアを感じる空間が広がる。いたるところにスヌーピーやチャーリー・ブラウンなど、心くすぐるピーナッツのキャラクターたちがデザインされ、ゲストを歓迎してくれるのが嬉しい。
左上)スヌーピーの気楽さや無邪気さをイメージしたRoom 45 右上)ホテル唯一の和テイストのRoom 54 左下)テラスがあるSpecial Room 61 右下)アメニティにもスヌーピーが
部屋は4階から6階まで、すべてが異なるコミックをコンセプトにした全18室。
4階は「IMAGINE」をテーマに、自在に変身できる自由な妄想の世界観と人生で大事なことを教えてくれる、シュルツ氏の人生哲学が込められたストーリーに。
5階はスポーツしたりダンスをしたり、旅に出たり。「HAPPY」がテーマになっており、さまざまなシチュエーションから生まれるピーナッツらしい楽しいエピソードに囲まれる。
6階は恋愛や家族愛、友情など多彩な「LOVE」をテーマに、キャラクター1人ひとりの“好き”を感じる温かいストーリーが描かれる。
すべての部屋が異なるデザインになっているので、何度も泊まりたくなるほど魅力的!
左上)宿泊代に含まれる朝食 右上)スヌーピーのマルゲリータ(1620円) 左下)チャーリー・ブラウンの チョコバナナ・ベイクドアラスカ(864円) 右下)ディナーメインコース(4860円)
朝食は宿泊料金に含まれ、3階の「ピーナッツ ダイナー 神戸」にていただける。かわいらしいミニバーガー・スライダーやたっぷりの野菜、スープで爽やかな一日をスタートして。
朝食のほかにもランチやディナー、スイーツまで揃うので、好きなタイミングで利用OK。スヌーピーが大好きなピザをイメージしたマルゲリータには淡路島産のバジル、コミックに出てくる男の子・ピッグペンがテーマのカルボナーラには六甲シャンピニオンなど、神戸の食材をベースにした本格的な料理がずらり。ピーナッツの仲間たちのユニークなエピソードをモチーフにしたメニューに、心ときめくはず。
左)「ピーナッツ カフェ 神戸」 右上)左からルーシーのホームメイドレモネード、アップルレモネード(各550円) 右下)オリジナルバッグ(2100円)
また、1階には東京・中目黒で人気の「ピーナッツ カフェ」を併設。テイクアウト専用のカフェスタンドとして、中目黒でも好評のレモネードやミルクシェイクなどのドリンクや、「PEANUTS HOTEL」オリジナルグッズを販売する。スヌーピーがデザインされたトートバッグやタオル、カップやグラス、お皿までさまざまなグッズをラインナップ。お気に入りの一品を見つけたら、旅の思い出に持ち帰って。
この夏は、「PEANUTS HOTEL」での滞在を楽しみに、海辺の街・神戸へ旅行に出かけよう。
【関連記事】
・アートに包まれる、界 仙石原が箱根にOPEN
・沖縄にOPEN!名店が手掛ける美食リゾート
・猫、海、星など、竹富島の美を撮るカメラ旅
・地元グルメも!あじさい&花菖蒲のお花見へ
・2018年最新版・温泉地の花火大会10選
 

PEANUTS HOTEL(ピーナッツ ホテル)
place
兵庫県神戸市中央区中山手通1-22-26
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら