【水族館】都会の真ん中、地上40mにある“天空のオアシス”で、大海の旅、水辺の旅、そして天空の旅へ出かけよう


2018.07.15

OZmall

◆【水族館】都会の真ん中、地上40mにある“天空のオアシス”で、大海の旅、水辺の旅、そして天空の旅へ出かけよう
池袋駅から徒歩10分のサンシャインシティのビルの中にある「サンシャイン水族館」。空と光と水と緑に満ちた都会の非日常空間=“天空のオアシス”がコンセプト。海の中の生き物を中心に展示した「大海の旅」、河川や湖などの水辺にすむ生き物を中心に展示した「水辺の旅」、そして海獣を中心とした展示の「天空の旅」で構成。空を飛んでいるかのような「天空のペンギン」や「草原のペンギン」など、見どころがいっぱい
ペンギンやカワウソ、優雅に泳ぐ生き物たちを眺めながら、冷たいビールで喉を潤す「天空酒場2018」オープン
7月13日(金)~9月2日(日)の夏季限定で楽しめる、水族館ビアガーデン「天空酒場2018」がオープンする。屋外エリアのマリンガーデンのテラス席では、ペンギンやアシカ、カワウソたちがくつろぐ姿を見ながら、館内では水槽の中を優雅に泳ぐ生き物たちを眺めながら、涼やかなブルーが爽やかな「流氷ドラフト」(658円)やペンギンの形の氷がかわいい「天空のペンギンカクテル」(540円)などの冷たいドリンクで、乾いた喉を潤すことができる。「クマノミロコモコ」(896円)など海の生き物をモチーフにしたオリジナルフードと一緒に味わいたい。
“空飛ぶペンギン”など、屋外エリアでは臨場感ある生き物たちの展示が楽しめる
屋外エリアマリンガーデン「天空の旅」にある「天空のペンギン」は、「サンシャイン水族館」の人気スポット。幅12mの大きくオーバーハングした水槽の中のスイスイと泳ぐケープペンギンの姿はビル群の上空を飛んでいるかのよう。ペンギンの本来の暮らしがわかる「草原のペンギン」では夫婦で過ごす様子や子育てする風景が見られるかも。
ほかにも、ドーナツ型水槽「サンシャインアクアリング」で都会の空をアシカが飛んでいるかのような姿が見られたり、「天空のペンギン」水槽から伸びる全長30mの天空の通路「天空パス」で気ままに過ごすモモイロペリカンが見られたりと、生き物の生態をこれまでにない方法の展示で楽しむことができる。
アシカのパフォーマンスや、生き物たちのフィーディングタイムなど、パフォーマンスはやっぱり楽しい
オープンステージで行われるアシカのパフォーマンスは必見。アシカの息づかいまでも聞こえてきそうな距離感で、柵などもないので、目の前でかわいい姿を見られる。
ペンギンや豪快にのど袋を広げてエサを食べるペリカンや、獲物を狙ってジャンプするアロワナ&ドラドなどのフィーディングタイムもぜひ見てみたいところ。愛らしい表情や動きで人気のコツメカワウソのお散歩風景を見ながら、飼育スタッフが生態や暮らしぶりを解説してくれるグリーティングタイムも楽しみたい。
(左)「カワウソミニパンケーキ」388円/(右)「カワウソハヤシライス」799円
写真に撮りたくなるフォトジェニックなフードでおなかを満たして
屋外エリアマリンガーデンにある「カナロア カフェ」は、ビーチリゾートカフェを思わせる雰囲気。水族館の人気者カワウソをモチーフにした、「カワウソハヤシライス」(799円)、「カワウソミニパンケーキ」(388円)は、写真に撮っておきたくなるかわいさ。ショップで買えるオリジナルケープペンギンぬいぐるみ(2041円)やオリジナルコツメカワウソぬいぐるみ(2138円)などのオリジナルグッズはお土産にぴったり。
思い立ったらすぐに行ける都心の水族館。“空飛ぶペンギン”や愛らしいコツメカワウソたちに会いに行ってみては。
【関連記事】
・金魚展示やチンアナゴが楽しめる屋内水族館
・幻想的なクラゲも!江の島を望む人気水族館
・イルカ・アシカなど多彩なショーを毎日開催
・2018年最新版・温泉地の花火大会10選
・横浜・みなとみらいデートにおすすめの情報
 

サンシャイン水族館
place
東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
phone
0339893466
opening-hour
[春夏]9:30-21:00[秋冬]10:00-…

この記事を含むまとめ記事はこちら