新感覚スイーツ「マンリーメス」って?


2016.08.04

OZmall

表参道のカジュアル・ダイニング「ワーキングホリデー・コネクション」に、オーストラリアで人気の新感覚スイーツ「マンリーメス」が登場。かき氷を混ぜて食べる、新スイーツの魅力とは?
◆ふわふわかき氷とさくさくメレンゲをごちゃまぜに!オーストラリアの人気スイーツ「マンリーメス」
オーストラリアで人気の新感覚かき氷「Manly Mess(マンリーメス)」を知っている? おいしさはもちろん、カラフルでかわいらしいルックスにも注目が集まっているそう。
このメニューがいただけるのは、2016年7月11日(月)、表参道にオープンしたカジュアル・ダイニング「Workingholiday Connection(ワーキングホリデー・コネクション)」 。
「マンリーメス」はかき氷を敷き詰めた上に、香ばしく焼きを入れたメレンゲや生クリーム、フルーツ、食用のエディブルフラワーを盛り付けた、彩り豊かな新感覚スイーツ。食べるときにはメレンゲを壊しながらかき氷と混ぜて、容器のなかでMESS(メス:ごちゃまぜ)することから、この名前が付いたそう。写真は「ミックスベリー」1000円。
見た目がとても美しく、写真に収めるとまるで花束を持っているようにも見える。せっかくキレイでフワフワなのに、それをMESSしてしまうという遊び心もちょっと楽しい。
「ひんやりふわふわ食感の中でサクサクのメレンゲがいいアクセントになっていて、後を引きますよ」と広報担当者さん。
「マンリーメス」には、1日10食限定の「白桃」(1200円)や「マンゴー」(1000円)、「ミックスベリー」(1000円)など、フルーティーなラインナップが揃う。
オーストラリアでは火照った体を冷やすために食べられているそうなので、猛暑の夏にはぴったり。
左からマンゴー、ミックスベリー、白桃
◆英語オーダーでコーヒー無料券の特典も!世界各国の本場の魅力を味で伝えるカフェ
このメニューがいただける「ワーキングホリデー・コネクション」は、世界を肌で感じて「ワーキングホリデー制度」に興味を持ってもらおうとオープンしたカフェなのだとか。
そのためスタッフはワーキングホリデーの経験者で、リアルな体験なども聴くことができるという。さらに、英語でオーダーすると次の来店のときにコーヒーが1杯無料になる「Free Coffee Ticket」の特典も。
スイーツのほかにも、季節ごとに世界各国から取り寄せた独自の食材を紹介しているので、世界のグルメに興味のある女子にはオススメ。まずは、オーストラリアのおしゃれなかき氷を食べて、目と舌で世界を感じることから始めてみようかな。
ワーキングホリデー・コネクション 原宿・表参道 YMスクエア店
TEL. 03-6434-0359
東京都渋谷区神宮前4丁目31?10 YMスクウェア原宿 2F
アクセス: JR「原宿駅」より徒歩3分、地下鉄千代田線「明治神宮前駅」より徒歩1分
WRITING/Naoko Yoshida(Hachidori)
 

ワーキングホリデー・コネクション 原宿・表参道 YMスクエア店
rating

4.0

9件の口コミ
place
東京都渋谷区神宮前4-31-10 YMスクウェア原宿 2F
phone
0364340359
opening-hour
11:00-23:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら