ミラノっ子が認めた新感覚イタリア風ラーメンが、新横浜ラーメン博物館に登場


2015.05.26

OZmall

日本の国民食“ラーメン”は、いまや海外でも大人気で、いまや日本に逆輸入される世界の“ご当地ラーメン”も生まれているみたい。これまでにもアメリカやドイツの人気ラーメン店が期間限定で出店してきた横浜市の「新横浜ラーメン博物館」に、また新しい国の人気店が登場するそう。ラーメン女子なら見逃せないはず!
2015年5月29日(金)~2017年1月末日(予定)の1年半、日本各地のラーメンが集結する「新横浜ラーメン博物館」の地下2階に、イタリア・ミラノの人気ラーメン店「CASA RAMEN」が、「CASA LUCA」の名前で出店する。メニューは「ミラノとんこつラーメン」と「ペペロンチーノ和え麺」の2種類。
看板メニューの「ミラノとんこつラーメン」は、イタリア産岩塩を使ったパンチェッタ風のチャーシューをはじめ、イタリアならではの食材や工夫が特徴。豚骨100%のスープにオリーブオイルでグリルした香味野菜を加えてあったり、パスタ用とイタリアパン用の小麦粉をブレンドして麺を作っているのもおもしろい。
「20時間煮込んだスープは豚骨の臭みが一切なく、クリーミーな味わい。モチモチした食感の麺も、日本のラーメンではなかなか出会わないおいしさです」と広報の八巻さん。
これからの季節には「ペペロンチーノ和え麺」もおすすめ。こちらは和風ダシと醤油ダシをベースにしたタレに、オリーブオイルと唐辛子を加えているのが特徴。グリルした鶏肉のほか、生ホウレン草、モヤシとネギなど、野菜もたっぷりのっているのも嬉しいところ。
「爽やかな辛さが口の中に広がるタレに、この和え麺専用に作った自家製の中太麺との相性が抜群です」(同)
店主のルカ・カタルファモさんは、ロンドンのうどん店でダシの修業をしたり、日本で1か月、毎日3食ラーメンという生活を続けた末に、2013年9月に母国イタリア・ミラノで念願のラーメン店を開業したとか。「他国の食文化をなかなか受け入れないイタリアで、口コミだけで行列ができる店になったのは、やはり実力派の味だから。ルカさんは料理学校でラーメン教室も開いていますが、立ち見が出る人気だそうです」(同)。なんでも世界各国のラーメンを食べ歩き調査している「新横浜ラーメン博物館」のスタッフが、その味だけではなく、ルカさんの情熱に惚れ込み、今回の出店を依頼したそう。
日本とイタリアのおいしさが融合した一杯、ラーメン好きでなくても興味が惹かれそう。ぜひ期間中に友達や彼と味わって。
【関連記事】
・ラーメン女子がこの春に注目! 野菜がたっぷり食べられる旨味タンメンの店3選
・深夜0時を過ぎてもOK!女子におすすめしたい都内の家系ラーメン2選
・独特な香りのパクチーがやみつき!都内で食べられる話題のパクチーラーメン3店
・クリスピー・クリーム・ドーナツの新店舗が新横浜にオープン
 

新横浜ラーメン博物館
place
神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
phone
0454710503
opening-hour
[平日]11:00-22:00[土]11:00-2…

この記事を含むまとめ記事はこちら