ピカソの暮らしを覗き見!? ヨックモックミュージアム開館記念展でセラミック作品とともに紐解く


2020.09.17

OMOHARAREAL

「ヨックモックミュージアム」が開館を記念して2020年10月25日(日)~2021年9月26日(日)まで、ピカソ研究者の松井裕美をゲスト・キュレーターにむかえ、ピカソのセラミック作品を中心とした展覧会「ピカソ:コート・ダジュールの生活」展を開催する。 「ヨックモックミュージアム」は、ヨックモックグループとして30年以上かけて集めたピカソのセラミック作品を中心に美術品を展示する美術館。ヨックモックの創業者である藤縄則一の「菓子は創造するもの」という想いを受け継ぎ、ヨックモック会長であり当美術館の館長でもある藤縄利康が精選した作品を見ることができる。 本展では、20世紀美術を代表する巨匠 パブロ・ピカソのセラミック作品を制作背景を紹介しつつ展示する。難解な作品で知られていたピカソだが、1946年に南フランスの町ヴァローリスを訪れ、陶芸家ラミエ夫妻と出会ったことをきっかけに、優しく柔らかい風合いの焼き物を作り始める。そんな知られざるピカソのセラミック作品を、ピカソの周囲の日常や歴史的背景と合わせて紹介されるため、奥深い展示となるだろう。 ピカソの作品だけではなく、制作背景まで覗き見ることができる「ピカソ:コート・ダジュールの生活」。アートの巨匠の作品がどのようにして生まれたのかを知ることができる貴重な機会をお見逃しなく。 ※敬称略 ■概要ピカソ:コート・ダジュールの生活開催期間:2020年10月25日(日)~2021年9月26日(日)開催場所:ヨックモックミュージアム住所:東京都港区南青山6丁目15-1休館日:月曜日・年末年始・展示替期間※ただし月曜日が祝日の場合、翌火曜日開館時間:10:00〜17:00 毎週金曜日は20:00まで※入館は閉館の30分前までチケット代(税込):一般 1,200円、大学生・高校生・中学生 800円、小学生以下 無料※障がい者手帳をご提示の場合、ご本人様と介護者1名様のみは無料※大学生、高校生、中学生の方は学生証等の年齢のわかるものをご提示ください >>EDITOR’S VOICEちなみにヨックモックミュージアムは、建物は地下1階〜地上2階の3階建て。2階と地下1階は展示室、1階はカフェとグッズショップになっている。ピカソがセラミック作品の制作に打ち込んだ街の名前を冠したカフェ「ヴァローリス」では、同じく南青山にあるパティスリー「UN GRAIN(アングラン)」のミニャルディーズ(ひとつまみサイズの小さなお菓子)を提供しているので鑑賞後に美しいお菓子を楽しんでみては。 Text:Ayaka Minoda  

ヨックモックミュージアム
place
東京都港区南青山6-15-1
opening-hour
10:00-17:00[金]10:00-20:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら