あのニコライバーグマンのセンスに触れられる フラワースクールがビギナー向けにリニューアル


2020.09.08

OMOHARAREAL

2020年9月より、ニコライ・バーグマンが主宰する南青山のフラワースクール「Nicolai Bergmann International School of Floristry」はクラスのラインナップをリニューアルする。 新型コロナウイルスの影響で、家で時間を過ごすことが増えてきた今、新たに生活の中に花や植物を取り入れる人が増えている。そこでスクールでは、「花をより身近に感じていただき、気軽に楽しんでいただきたい」という想いを込め、ビギナー向けのGROWクラスをよりトライしやすい内容にリニューアル。 また価格帯も改定しリーズナブルに。さらに、プリザーブドフラワーのクラスに、新たに「BIGINNER PRESERVEDクラス」を新設。 このフラワースクールは、フラワーアレンジメントの基本を学べるのはもちろん、ニコライ・ バーグマンならではの花の組み合わせ方やカラーグラデーション、サプライズ感のあるアレンジメントテクニックを和やかな雰囲気の中で身に付けることができる。 できあがった作品は、そのまま持ち帰ることもできるが配送も可能。入会金や年会費が不要で、1回のレッスンから気軽に参加できるのも魅力だ。 一般的なフラワースクールとは違って、ニコライ・バーグマンのテクニックを教えてもらえるこのフラワースクール。家にいる時間をより素敵に彩るために、南青山のショップへ学びに行ってみては。 ※敬称略 ■概要フラワースクールのクラスラインナップをリニューアル開催場所:ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップストア 2F 住所:東京都港区南⻘山5-7-2※コースの料金や詳細はこちら >>EDITOR’S VOICE近くにあるスパイラルでは、2020年9月12日(土)・13日(日)の2日間、気鋭のメディアアーティストたちによるグループ展「1GB(イチギガバイト)」が開催される。参加アーティストは全10組。世界各国からオンラインでリモート制作を行うアニメーション集団「麻烦代理社(マフェンダイリシャ)」のほか、板垣竜馬、斎藤英理ら35歳以下の若手アーティストが「1GB」というテーマと対峙する。リモートする機会も増え身近に感じるデータ容量をどのように表現するのか乞うご期待。 Text:Ayaka Minoda  

表参道
place
東京都港区北青山3丁目
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら