アニエスベー ギャラリー ブティック/未知の何かを掘り当てるギャラリー


2020.08.28

OMOHARAREAL

骨董通りから一本奥の路地に入ると、空を静かに反射している建物がある。店舗やオフィスが共存する「アニエスベー 青山店」だ。現代アートを主に扱う展示空間、アニエスベー ギャラリー ブティックはその2階にある。 ここでは、アニエスベーがパリで運営する「ギャラリー デュ ジュール」監修のもと、アニエスベー氏のお眼鏡にかなったアート作品に触れられる。本国と連動する海外アーティストの展覧会はもちろん、日本のアーティストを発信するようなオリジナルの企画も。 また、コマーシャルギャラリーであり、作品を気に入ったら買える! というのも特徴のひとつ。展覧会とのコラボ商品や物販も充実しており、ブランドの世界観のもとで、アート鑑賞とショッピングが自然にオーバーラップしている空間だ。 ブランド創立者のアニエスベー氏は、大通り沿いより路地裏に店舗を持つことを好むそう。敢えて、まだ誰も注目をしていない場所を “発掘” し、そこで良いコンテンツを発信する。そのことで、その感性に共鳴する人たちが集まり、新たな空気ができていくのだという。確かに青山店も一等地には違いないものの、やや奥まった静かな一角に佇んでいる。 そして “発掘” は、ギャラリーにおいても重要なキーワード。若いアーティストにチャンスを与える場所であるべく、積極的に若手作品を取り上げている。ちなみに氏の好みで、写真作品が比較的多いのだとか。 大通りからひょいと奥に入ったら、ここで自分にとって大きな意味を持つ何かを “発掘” してみよう。それは一枚のカットソーかもしれないし、アート作品かもしれない。 Text:Mika Kosugi ※写真は、アニエスベーが支援している海洋科学探査船タラ号の成果作品を展示した「TARA OCEAN展 -科学探査船とアーティスト-」。(発掘のマインドは陸上だけでなく海底にまで及ぶ!)  

アニエスベー ギャラリー ブティック
place
東京都港区南青山5-7-25 ラ・フルール南青山2F
phone
0334066010
opening-hour
13:30-18:30
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら