有名店シェフ考案! 南青山「INTERSECT BY LEXUS」から地域応援メニュー登場


2020.08.14

OMOHARAREAL

みゆき通り沿いの「INTERSECT BY LEXUS - TOKYO(インターセクト バイ レクサス トウキョウ)」では、青森と福岡の食材を使用した地域応援メニューを提供中。 INTERSECT BY LEXUS - TOKYOは、“都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる”をテーマに高級カーブランド・レクサスのブランドを発信する拠点。2Fはビストロエリアとなっており、ラグジュアリーな空間で食事を楽しむことができる。 今回登場したのは、レクサスブランドサイトのコンテンツ「DINING INSIDE」で紹介しているレシピをメニュー化したもの。青森の食材を使った「シジミと山菜の冷製スープ」は、代官山のフランス料理店「abysse(アビス)」の目黒浩太郎シェフが考案。陸奥湾の名産であるシジミをベースに、魚介と野菜をたっぷり使用している。さらには県内の老舗「カネショウ株式会社」の熟成リンゴ酢で酸味を加え、引き締まった味わいに。 福岡の食材を使ったメニューは「GohGan特製キーマカレー」。考案者は、九州で初めて「アジアのベストレストラン50」に選ばれた名店「La Maison de la Nature Goh(ラ メゾン ドゥ ラ ナチュール ゴウ)」の福山 剛シェフ。地元のブランド豚「リバーワイルド」と3種類のスパイスを使った旨味豊かな一品だ。 これらのメニューのもとになったレクサスブランドサイトのコンテンツ「DINING INSIDE」は、日本各地で開催してきた野外レストラン「DINING OUT」から派生したもの。遠くに出かけることが難しい状況でも地域の魅力に触れられる場として、日本各地の一流シェフ15名によるレシピを公開し、食材も各地の生産者から直接購入できるようになっている。 INTERSECT BY LEXUS - TOKYOで提供している2つのメニューにも、「DINING INSIDE」と同様に各地域の生産者から買い付けた食材を使用。美味しく食事するだけで、間接的に地域応援に繋がるのだ。この機会に、ぜひ同店を訪れてほしい。 ■概要INTERSECT BY LEXUS - TOKYO 地域限定メニュー提供開始日:2020年7月30日(木)〜住所:東京都港区南青山4-21-26電話:03-6447-1540営業時間:1F 9:00〜23:00、2F 11:00〜23:00定休日:不定休 >>EDITOR’S VOICEOMOHARAREALでは「表参道・原宿の“かき氷”販売開始店まとめ2020」を公開中。INTERSECT BY LEXUS - TOKYOの創造性に溢れたかき氷も紹介しているので、地域応援メニューを楽しんだ後のデザートとしてチェックしてみてほしい。 Text:Natsuno Aizawa  

INTERSECT BY LEXUS - TOKYO(インターセクトバイレクサストーキョー)
rating

4.0

40件の口コミ
place
東京都港区南青山4-21-26
phone
0364471540
opening-hour
[1F CAFE SHOP & GARAGE]9…

この記事を含むまとめ記事はこちら