オリジナルウェア専門店「イッチャク」オープン FRUIT OF THE LOOMなど人気の無地Tシャツで自分だけの一着を


2020.07.17

OMOHARAREAL

2020年7月1日(水)、オリジナルプリントウェアを作れるショップ「イッチャク」が骨董通りにオープンした。 運営しているのは、40年以上の歴史をもつ総合印刷会社「帆風(バンフー)」。長年培ったプリント技術により、クオリティの高いオリジナルウェアをスピーディーに仕上げてくれる。 ここで作れるアイテムは、Tシャツやトレーナー、キャップなど。無地Tシャツの人気メーカー「FRUIT OF THE LOOM」「UnitedAthle」をはじめ、生地の厚さやカラーを基準にセレクトされたウェアを多彩に取り揃えている。 オリジナルウェアというと、ある程度まとまった数を注文しなくてはならないイメージがあるが、ここでは1着から気軽に作ることが可能。店舗では知識豊富なスタッフが、デザインや素材、予算など、作りたいウェアのイメージに合わせた提案をしてくれる。もちろん、一度にたくさんの枚数を発注したい場合の対応も可能だ。 骨董通りに面したショーウィンドウにはデザイン例がディスプレイされている。現在は「イッチャク」と店名のロゴが入ったTシャツやキャップが並んでいるが、今後は定期的にテーマを変えて、様々なデザインとアイテムを提案していくという。ちなみに店頭のアイテムが気に入れば、そのまま買うこともできるのだそう。 いわゆる学校の“クラスTシャツ”とは違った、自分だけの“イッチャク”を作れる同店。誰もが気軽にちょっとしたクリエイティブ体験ができる場所として、これから愛されていきそうだ。 ■概要イッチャク 青山店住所:東京都港区南青山5-4-30 南青山YSSビル1FTEL:0120-14-1117営業時間:11:00~20:00定休日:年中無休(年末年始を除く) >>EDITOR’S VOICE骨董通り近くにあるアニエスベー ギャラリー ブティックでは、2020年8月30日(日)まで「TARA OCEAN展」を開催中。本展では、アニエスベー氏らが支援する海洋科学探査船タラ号に乗船したアーティストが、科学者たちとは違った視点で感じた海の状態、様子などからインスピレーションを受けた作品を展示。「イッチャク」でオリジナルウェアを作る前に立ち寄れば、アイデアのヒントが見つかるかもしれない。   Text:OMOHARAREAL編集部  

表参道
place
東京都港区北青山3丁目
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら