BEAMSが見ている今のトレンドとは?ビームス 原宿、ビジュアルブックを制作


2020.05.27

OMOHARAREAL

ビームス 原宿は、BEAMSが見ている今のトレンド、ディレクターが発信したいスタイルやアイテム、気分を表現したビジュアルブック“ALTERNATIVE COLLECTIVE”を制作した。店舗はもちろん、原宿のとんちゃん通りの広告とも連動を図り、原宿全体で今のBEAMSが伝えたいメッセージを発信している。 これまでにも「NEW PAPER」というタブロイド制作や原宿店に特化したサイト「HARAJUKU BEAMS」を立ち上げるなど、ビームス 原宿を拠点に様々な表現方法で発信を続けてきた。今回は“ALTERNATIVE COLLECTIVE”というテーマのビジュアルブックを制作し、HARAJUKU BEAMSのサイトでも誌面の内容を各コンテンツに分け、毎週金曜日に発信している。またオープン再開の際には、商品をご購入したお客様に本ビジュアルブックを数量限定でプレゼントする予定だ。 テーマになっているオルタナティブは、もうひとつの選択、代わりとなるものという意味。メインストリームの商業ロックやポップスに対して、違うアプローチや精神を持つ音楽として90年代に広まった。当たり前をよしとせず、自分らしさを突き通す。そしてその根底には無邪気なほど音楽に対しての愛情があった。 ビームス 原宿は、身の回りにあるものも、流行りで手に入れたものでも、ちょっとした工夫や目線を変えればオルタナティブになると考えた。そして7つのコンテンツを設け、それぞれのチームが自分たちなりの解釈で作り上げた、本流とはちょっと違う、けれどもそこにリアリティと自分らしさが現れたもう一つの選択肢、オルタナティブなスタイルを表現したのだ。 そして一つの流行や、スタイルが正しいわけでは決してない。それぞれが持つ、それぞれの選択を作るベースになることがBEAMS、また原宿という街がやるべきことだと伝えている。これからも原宿らしいファッションの選択肢を作り、アップデートしていって欲しい。 ■概要ビジュアルブック“ALTERNATIVE COLLECTIVE”2020.05.15更新:ALTERNATIVE COWBOY2020.05.22更新:ALTERNATIVE DANCEMUSIC2020.05.29更新:ALTERNATIVE COLLECTABLE2020.06.05更新:ALTERNATIVE BLUE2020.06.12更新:ALTERNATIVE TOKYO2020.06.19更新:ALTERNATIVE ATHLETICISM2020.06.26更新:ALTERNATIVE SSZビジュアルブックはこちら「HARAJUKU BEAMS」から。 Text:OMOHARAREAL編集部    

read-more
BEAMS(ビームス) 原宿
place
東京都渋谷区神宮前3-24-7 1F・2F
phone
0334703947
opening-hour
11:00-20:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら